AneCanニュース

【プレママ・ママ】 2017:05:15:18:10:12
  • AneLADY
  • プレママ・ママ
Check


こんにちは。AneLADYママメンバーの宮森渚朝です。

ママになってもおしゃれでかわいいHAPPYなライフスタイルをお届けする本連載「きれいめママライフ」。今月は産後の体型戻しに効果的なピラティスをご紹介しています。

お話をうかがったのはピラティス講師の平石恵美子先生。
第2弾の今回はウエストを引きしめるエクササイズです。

★【第1弾はこちら】骨盤底エクササイズ編

平石恵美子先生ピラティスのイメージ画像

 

平石「妊娠すると、大きくなるおなかの邪魔をしないよう、腹筋はおなかの真ん中から左右に移動します。
移動した腹筋はそのままでは元に戻らないので、産後もおなかがぽっこりたままになってしまうんです。

また、赤ちゃんをだっこする際の、"後ろ重心でお腹を前に突きだす姿勢"もぽっこりおなかを増強させる要因になるため、できるだけ早く腹筋を元の位置に戻してあげることが大切です。

産後1か月以降を目安に、腹筋を刺激してウエストを引きしめるエクササイズを始めてみましょう。」



【ウエストを引きしめるエクササイズ】

平石恵美子先生のウエストを引き締めるエクササイズ前編


① 体育座りをしたら、足を腰幅程度に開きます。

このとき、柔らかいボールやクッション、バスタオルを折りたたんだものを膝の間にはさむと効果的です。



② お尻を下から順番に、転がすようにして骨盤を後方へ傾けていきます。

平石恵美子先生のウエストを引き締めるエクササイズ後編


③ この姿勢を5秒キープ
したら、元の姿勢に戻ります。
これを10回、1日3セット行うと効果的です。


私もさっそく実践してみました。
こ...これはキツい!! 普段なら簡単にできるはずの動きなのに...腹筋が無くなっているのを実感しました。


すごく効果がありそうです。


宮森渚朝のウエストを引き締めるエクササイズ前編



宮森渚朝のウエストを引き締めるエクササイズ後編


 
このエクササイズの際には、目線は上げずに、おへそを見るようにするとより効果的なんだとか。

よし、これから毎日やってみよう!



平石先生、どうもありがとうございました。
次回は、【お尻と太ももを引きしめるエクササイズ】をご紹介します。

>>前回の記事はこちら:産後エクササイズ「骨盤低筋」編



【教えてくれた人】

平石恵美子先生のサムネイル画像のサムネイル画像


平石恵美子さん

高知県高知市のピラティススタジオOne's life studio(ワンズライフスタジオ)を主宰。
姿勢改善ピラティス、お子様連れOKピラティス等開催中。
One's life studioホームページはこちら




【宮森渚朝のきれいめママライフ  バックナンバー】

Vol.1 薄毛・白髪・ハリやコシのなさを救うショートヘアのすすめ
Vol.2 マタニティフォト撮影のポイント
Vol.3 無痛分娩と普通分娩の出産体験




【この記事を書いた人】


宮森渚朝 プロフィールのサムネイル画像

宮森渚朝(33歳・ベビーマッサージ講師)

2012年よりAneLADY100一期生として活動開始。3歳と0歳の男の子ママです。
2016年よりAneCan.TVにてママレディやワーキングママのインタビュー記事を中心に【ママになってもおしゃれでかわいいHAPPYなライフスタイル】を発信しています。

Check
< 次の記事 トップページ 前の記事 >