1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 生放送番組『近藤しづかの料理のおはなし』の舞台裏を実況

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【モデル】 2016:04:19:19:00:00
  • グルメ
  • モデル
  • 近藤しづか
Check





フードコーディネーターの近藤しづか、初のレギュラー番組が、Ameba FRESH!とニコニコ生放送の同時生放送でスタート。

その名も、『近藤しづかの料理のおはなし~健康・美容・簡単15分クッキング~』。

平日お家に帰ってから、15分くらいでサッとできる料理を中心に紹介する番組です。

記念すべき第1回の料理は、『ねぎ塩豚丼』。

生放送ということで、その舞台裏に潜入してきました。

本番前のリハーサルの様子をのぞいてみると、真剣な表情で流れをチェックする近藤さんの姿が。

初めての冠番組ということで、緊張している様子がこちらにも伝わってきます。

1604_shizuka_c_1.JPG 


本番30秒前には緊張がMAXに。

15秒前には「材料あるかな?」という一言で、スタジオを凍りつかせる瞬間も。

そんなこんなで不安を残しながらも、本番スタート。

1604_shizuka_c_2.JPG


開始早々、番組説明がたどたどしい日本語に。

本番中にも関わらず、ディレクターからやり直しを命じられていました。

さすがネット生放送、やり直しもアリなんですね。


とにもかくにも、本番、本番。

まずは料理を始める前に、今日のメニュー・ねぎ塩豚丼に合う、日本酒を紹介。

Cincin!」と、得意とするイタリア語で視聴者と乾杯です。

 
1604_shizuka_c_3.JPG


実はこの3月に日本酒・唎酒師の資格を取得していたしづか。


「日本酒を好きになったきっかけは、料理を引き立てるお酒ということを知って、もっとおいしく食事をしたいと思ったからです。さらにイタリアに8年ほど住んでいたときに、現地で知り合った外国人のお友達がお国自慢をしていたときに、日本のことを全然知らなくて。それでもっと日本のことを勉強しないと!となって日本酒の勉強をしました。最近、日本舞踊も習い始めたんです」


日本酒にまつわるエピソードも出たところで、おつまみにもぴったりな、『チーズせんべい』を紹介。

レンジでチンして130秒!

上にジャコや桜エビを載せてもいいし、盛りつけしだいではパーティ仕様にもできる、簡単便利なレシピです。

1604_shizuka_c_4.JPG


これをつまみに、日本酒をちびりと。

開始15分くらいなのに、「酔っ払ってきたかも!」とまさかの一言。

ここからが本番、しづか劇場のスタートです()


抗酸化作用があり、アンチエイジングにもいいとされる胚芽米が炊きあがったところで、ねぎ塩丼作り開始。

1604_shizuka_c_5.JPG


なんと材料は豚肉とねぎ、レモンだけ! 調味料は黒こしょう、炒りごま、塩だれ。

これは簡単そうです。


1604_shizuka_c_6.JPG 


ねぎを切る姿がさまになっていますね。

ちなみに本メニュー、豚肉の疲労回復効果を、ねぎとレモンがさらに高めてくれるそうなんです。

さっと作れて、疲労回復できるなんて、忙しいときにはぴったりですね。



1604_shizuka_c_7.JPG


ハプニング発生!

炒めるタイミングまで、エプロンをし忘れていました。


「どんだけゆるいんだよ~」というスタッフからの突っ込みにもめげず、今日はオール強火で調理をしていきます。

材料に火を通していくのですが、ここでまたハプニングが発生!

合わせ調味料を作り忘れていたという。

直前に行程が違うとスタッフがカンペも出していたのですが、酔っていたのか、初めての「作りながらしゃべる」で手順を間違っていたのか...



とはいえ挽回も早く、フライパンの上でサッと混ぜて味付け完了。そこはいつも料理をしているだけあって、さすがです。

あとは盛りつけるだけ。



「今日はいつも使っている食器を持ってきました!」としづか。



ここでいきなりクイズ!



「どっちの器が正解でしょう?」



リハーサルにもなかった展開に、スタッフ一同驚く。


1604_shizuka_c_8.JPG


 

正解は・・・右手に持った、内側が直線的な器。

どんぶりものを作るときは、逆三角形のような形のものを。

左手に持っているような、深みがある器は、汁気があるお料理に使うのがいいそうです。


1604_shizuka_c_9.JPG

 

さて、この器にご飯とお肉を盛って、黒こしょう、レモン、ごまを指でひねって入れれば、『ねぎ塩丼』の完成です。



1604_shizuka_c_10.JPG 



実食。

行程が違っていたことを突っ込まれると、「予想外でした」。

いやいや、こっちの台詞です!



「もう1か所、反省点があって。

レモンはフライパンの上でジュワーとさせたかったんです。

言わなきゃよかったのかなと思ったけど、皆さんは間違えないでくださいね!」



というわけで、生放送終了後の近藤さんに直撃してみました。



編集部(以下:編)「第1回の放送を終えて、いかがでしたか?」



しづか(以下:し)「1時間の生放送ということでどうなるかと思ったんですけど、楽しかったです!」



編「途中ハプニングのようなこともありましたが?」



し「お水を飲んでから本番を迎えようと思ったのに、飲めず。パッと本番になって、日本酒を飲んで楽しくなっちゃいました。ひとりで1時間の番組を仕切るのは初めてで。いつもは周りにレポーターさんやモデルの仲間がいるので、ドキドキでした。ネット番組だから、コメントを生で流せるので、もっと視聴者の皆さんには参加してほしいです! 一緒に番組を作っていきましょう。これ強制()



編「食器がかわいかったです。あれは私物ですか?」



し「箸起きは季節的にちょうどよかったので、桜の形のものを選びました。お皿も含めて私がふだん全部使っているものです。キッチンペーパーやランチョンマットは海外旅行をしたときにコレクションをしています。料理を楽しもうということを発信したいので、作る環境も大切にしています!」



編「普段はどんな風に料理をしているんですか?」



し「料理を作るとき、家では音楽をかけて、自分の世界に入って、香りや音を楽しみながら感覚で作るので無口なんです。だからしゃべりながら作り、見せて...とやってたら、ワーってなってしまって」



編「レシピのポイントは?」



し「忙しい人でも、疲れている人でも簡単にできるをテーマに考えています。必ず、健康と美容にフォーカスしたメニューにしたいです。でも、特別な食材を使ったストイックな料理や、特別な食材を使ったりではなく、旬なものや新鮮なものを使ったシンプルな料理を紹介していきたいです」



編「料理のプロの道を歩んだきっかけは?」



し「モデルを始めたころに、ガムのカロリーを気にするくらいの無理なダイエットをしていたんです。そのころはエネルギーがなくて、ハッピー感のない笑顔になっていて。そんな時期に食事を変えようと決心して勉強を始めました。食事と睡眠と健康、あとは心のもち方が大切ですね」



編「日本酒の資格も取っていますね。お酒の選び方にコツがあったりしますか?」



し「唎酒師の資格を、1年かけて取りました。今日紹介した純米大吟醸で1380円。日本酒は高ければいいということではないので、手ごろな価格でいいものを選ぶのも楽しみのひとつです」



編「最後に次回への意気込みを一言、お願いします」



し「まだ力が入っているので、次回はもう少しゆっくりと自分らしく楽しみながらできたらと思います。途中で日本語が変になるかもしれませんが、そこはご愛敬ということで。ぜひとも皆さんつっこんでください! 成長やありのままの姿を見せていければと思います。あたたかく見守ってください。目標は、このスタジオで料理教室を開催することです。皆さん応援、よろしくお願いいたします」



最後までハプニングだらけでしたが、生放送ならではの楽しみということで、次回も期待大です!



2回の放送は420日(水) 2000からスタート予定。

Ameba FRESH!とニコニコ生放送で同時生放送されます!



PCやスマホで見られるので、皆さんぜひ見てくださいね。



【info】

「近藤しづかの料理のおはなし  ~健康・美容・簡単15分クッキング~」

Ameba FRESH! https://abemafresh.tv/shizukaryouri/

ニコニコ生放送 http://ch.nicovideo.jp/shizukacooking



【関連記事】

クックパッド プロのレシピ: http://cookpad.com/pro/recipe_sets/455

近藤しづか プロフィール&フォトギャラリー: http://anecan.tv/model/sp/shizuka.html


1604_shizuka_c_11.jpg



Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した動画 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。