1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. ママに欠かせない最強ママバッグ6選

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【プレママ・ママ】 2015:08:12:11:15:58
  • プレママ・ママ
Check

ママに欠かせないバッグ・・・と言えば、その名のとおり・・・"ママバッグ"ですよね。

出産前に準備したり、お祝いでいただいたり、子どもが生まれてから新たに買ったり・・・と、複数個を使い分けるママも多いように思います。

実際に子どもが生まれてみて、必要に応じて持ちたいママバッグが違って・・・筆者であるママ1年生のファッションエディター・小脇美里も、何個も購入してしまいました(笑)。

そんな中で、これはよかった!と思えるものを、用途別にご紹介します。


■1. 私的、最強ママバッグ!

いろいろなママバッグを試して見て、いちばん愛用しているのがコレ!

1508mamabag6.jpg


Cherry Ann(チェリーアン)のイニシャルキャンバスママバッグです。
イニシャル入りのシンプルなデザインでどんなスタイルにもハマる&とにかく持ちやすい、そして中も仕切りあり、冷たいものを入れても濡れないアルミ加工のポケットもあり、さらには底にもアルミ加工のポケット付き・・・と、ママにうれしいこだわりがたくさん♡

迷彩柄を愛用していたのですが、使いやすすぎてシルバーもGETしました!

1508mamabag5.jpg

大人気すぎて、一度完売し、再入荷するほど。入荷したら早めにチェックしてくださいね♪


■2. 雨の日でも大活躍! おしゃれママバッグ

1508mamabag1.JPG

こちらはママバッグ・・・として売られているものではないのですが、STUNNING LURE(スタニングルアー)のトートバッグ。
今年のトレンドのシルバー、なんでも入る大きめサイズ、そして合皮素材なので雨の日でも濡れにくい! と、いいことづくめのバッグなんです。
中に仕切りなどはないのですが・・・どちらにしてもポーチで小分けする派なので、まったく全く問題なし。床に置いても、さっと拭けて汚れが気にならないのもうれしいポイントです♪
ママバッグ専用のものを探そうと思うとなかなか、おしゃれなものが少なかったりするのですがいつものお気に入りブランドで、大きめトートを探す・・・というのも賢いテクです!

■3. 視線集中!ご自慢ママバッグ!

エルメスの限定アイテムとして、毎年春夏に発売されることが多い印象の、キャンバス素材のトートバッグ。

1508mamabag2.JPG

先日お店に足を運んだときに、こちらを発見! 「このピンクが、かわいすぎる~」とひと目ぼれして購入しました。
ボタン部分にエルメスの刻印がされている...というさりげなさも気に入っています。
お値段はちょっとお高めですが、持っていると必ずほめられる、ちょっとしたご自慢アイテムでもあります。
トートバッグは、近年さまざまな有名ブランドからも多く発売されているので、ママバッグとして使っている人も少なくないですよね。
ちなみに筆者の周囲では、ゴヤールや、ルイ・ヴィトン、ボッテガ・ヴェネタなどのバッグをママバッグとして使っている人がいました。


■4. シンプルでパパも持てるママバッグ。

旦那さんにも持って、活用してほしいママバッグ。
そんなときはシンプルなキャンバス素材が断然おすすめ。

1508mamabag3.JPG

人気BAGブランド、SMIRNASLI(サミールナスリ)のBIGサイズトートは「夏の一泊旅行に持っていける」・・・というコンセプトで作られたとあって、ママの荷物もバッチリ収納できちゃうんです!

パパに持ってもらうときは、男性ファッションにも合うように、シンプルなデザインを選びたいですね。


■5.ご近所にお散歩や、2個持ちママバッグにおすすめ。

これは出産してからの発見。ちょっと近所をお散歩・・・なんてとき時も、ママはなんだかんだ荷物が多い! 
だけどしっかり素材のママバッグだと重たいし...なんて時ことありますよね?
または、ママバッグ持ってお出かけしたら、帰りは着替えやお買い物した荷物が増えてしまって...なんてこともあるある。

1508mamabag8.JPG

そんなときは、サブバッグとして発売されているような、キャンバス素材の軽いトートバッグが大活躍!
サブバッグだと、おしゃれデザインが多いのもうれしいところ。

筆者が愛用しているのは、我らが葛岡 碧ちゃんがイメージキャラクターを務めるつとめるM.deux(エムドゥー)のサブバッグ。A4サイズの書類が入る・・・というサイズなので、ベビーとのお出かけにちょっと必要なものなら余裕で入ります! (ちなみに、おむつ10枚、授乳ケープ、おくるみ、着替え、虫除けセットなどなどを持ち歩きますがそれは余裕でOK)。
人気イラストレーター・shogo sekineさんとのコラボデザイン、で持っているだけで気分まで上がります。

荷物が増えそうなお出かけの日は、メインのママバッグの中に畳んでしまっておける気軽さも、便利。


■6. プレゼントにも最適なオリジナルママバッグ

人気デコニストが作ってくれる、オリジナルイニシャルを入れられるトートバッグ。自分のイニシャルや、子どもの名前を入れたり...といろいろと楽しめます!

1508mamabag4.JPG

通常はイニシャルのみですがこの写真のように名前を入れることも可能!
入れる文字数などによりお値段が変わってくるので、詳しくは問い合わせてみてください。

プレゼントにぴったりなので、子どもがいる友達のために、よくオーダーしています。


ママになって、荷物がいっぱい入ることなど、実用性重視で選ぶようになったバッグ。
いくつか持っておくと、行き先によって使い分けることができて便利ですね。

1508mamabagsq.jpg

【info】
Cherry Ann(チェリーアン): http://cherry-ann.com/
HERMES(エルメス): http://japan.hermes.com/
STUNNING LURE(スタニングルアー): http://stun-l.com/pc/
SMIRNASLI(サミールナスリ): http://smirnasli-store.com 
M.deux(エムドゥ): http://m-deux.jp/
デコ電ストック: http://www.rakuten.co.jp/rhinestone/

(ファッションエディター・小脇美里)



Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した動画 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。