1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 【アラサー女子】 恋愛経験の赤裸々アンケート、大公開!

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ライフスタイル】 2016:11:01:17:09:21
  • AneCan本誌
  • ライフスタイル
Check


女子同士で集まると、恋バナで盛り上がるのはよくあること。

でも、「キスした人数」や「不倫の話」などはおおっぴらに言いにくい&聞けないことってありますよね。そこで今回は、アラサー女子の恋愛経験について、根掘り葉掘り聞いちゃいました♡

「友達にはなかなか聞けない...だけど知りたい!」素朴な疑問から、気になる質問を徹底調査する、「姉1000★アンケート隊 マーケティングレポート」。

連載最後にふさわしい、みんなが気になる○○な事実、とくとご覧あれ!


marketingreport11_main2.jpg




Q.1 あなたが今までに付き合った異性の人数は?


marketingreport11_q1.jpg

【分析】彼や友達には、本当の人数より少なめに答える!?

おしゃれで社交的なAneCan読者は、恋愛経験ゼロという人はほとんどおらず、それなりな人数の彼氏がいた女性多し。ただ、今のカレや夫には過去の人数は「片手で数えられる程度」と言っている場合がほとんど! 女友達にも、短期間しか付き合わなかった異性の数は省いて伝える傾向に。



Q.2 キスしたことのある異性の人数と、エッチしたことある異性の人数は?

marketingreport11_q2.jpg

【分析】ハプニングキスはあれど、エッチは簡単にはできない!

告白前でも「デートしていい感じならキスOK」と感じる女子が多く、キス人数はお付き合い人数より多め。ただエッチの場合は「お互い好きだと確信できないとムリ」が多数派。ちなみに恋愛前にエッチした人の多くは、その相手とお付き合いに発展していました。



Q.3 今まで告白された人数を正直に教えて!

marketingreport11_q3.jpg

【分析】告白は、するよりやっぱりされたいのが乙女心❤

告白した経験はほとんどの人があるものの、その数はひとりかふたり程度。片思いしても、自分から「好きです」という勇気はなかなか出ないみたい。中には意中のカレに、自分の好意を「態度」や「メール」でにおわせ、相手から告白してもらいやすくする、なんて女子も。全体の2割は20人以上に告白されたかなりのモテ子という結果も判明!




Q.4 今まで恋愛が続いた最長記録は?

marketingreport11_q4.jpg

【分析】長くお付き合いしたいけれど、ダメ恋ならサクッと次に

9割近くの人が、1年以上続く恋愛を経験済。短期間でカレとお別れするより、結婚を意識して「愛する彼とは長く愛し合えるよう頑張る」のがアラサー女子の気持ちのよう。ただ、カレがダメンズだった場合は、1~3か月でサクッと別れるのも人生を無駄にしないため大事という意見が。



Q.5 別れを切り出すときは、カレからが多い? 自分からが多い?

marketingreport11_q5.jpg

【分析】後ろ髪引かれても、 自分でケジメを つけるのが大人の女!

告白とは違って、別れのセリフは女子から言うほうが優勢に! ほとんどの人が結婚願望があり「するなら28~35歳までに!」と考えていて、結婚を考えられない、とわかった時点でお別れする人が多くいました。



Q.6 ところで...「不倫」ってしたことある?

marketingreport11_q6.jpg

【分析】イケないことだと知ってはいるけど、意外と経験者が!

アラサー女子のなんと3人に1人は経験者だと判明! 大抵は男性だけが既婚のパターン。「合コンに来ていたから未婚だと思った」「付き合ってから既婚者だと言われた」という場合が多く、不倫とわかった後、すぐに別れた人が多。



Q.7 今、カレや夫はいる?

marketingreport11_q7.jpg

【分析】するならやっぱり「今カレ」と結婚したいんです!

30歳以上になると、一気に既婚率が上昇。ちなみに夫と出会ったきっかけは「職場」「同じ学校「男友達の紹介」がほとんど! 婚活パーティやお見合いで出会った人は3%ほど。「運命の人」と恋愛したあと、結婚したい人が圧倒的



Q.8 今年のクリスマスはカレと過ごす?クリスマスにはどんなプレゼントをもらった?

marketingreport11_q8.jpg

【分析】クリスマスは1万円以上のものを彼と贈りあうのが定番

どんなに忙しくとも、クリスマスはカレとの時間が譲れない!この日は財布の紐もゆるめになって、プレゼントも結構奮発♡ 意外と目立ったのは「贈り物はふたり一緒に買いに行く」という意見。イマイチな贈り物は「お互い困る」と賢くプレゼントプランを練っていました。


<結論>
私たちは恋愛経験から、人を思う尊さや愛される喜び、思いやりの大切さなど、さまざまなことを学んでいます!つらくて悲しいこともあったけれど、それがまた「いい勉強」になることも。「人として大切なことを知る女性」でいるために、深い愛をもってより素敵な人になっていきましょう♡

AneCan11月号(2016年11月7日発売)『姉1000★アンケート隊 マーケティングレポート vol.11』より

・AneCan12月号(2016年11月7日発売)
ためし読み 電子版 雑誌


------------------
【姉1000アンケート隊とは】
日本全国のアラサー世代の働く女性を中心とした、アンケートユニット。おかげさまでその規模は総勢1000人超え!彼女たちのアンケートへの回答から、AneCanの新企画が日々生まれる、AneCanを盛り上げてくれる読者集団です。


【アラサー女子の実態/バックナンバー】

【vol.10】毎月の貯金額は●●万!? お財布事情を大公開!

【vol.9】友だちの結婚式のホンネ。

【vol.8】女性が自分の体臭を指摘してほしいひとは誰?

【vol.7】ムダ毛処理が意外と甘い部位は○○だった!

【vol.6】同性同士でも話しにくい、生理用品の実態

【vol.5】最高額は6万円!!リアルな下着事情まとめ

【vol.4】スマートフォンは何派が多い!?



Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。