1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 【アラサー女子】毎月の貯金額は●●万!? お財布事情を大公開!

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ライフスタイル】 2016:10:04:16:00:00
  • AneCan本誌
  • ライフスタイル
Check


誰しも持っているものなのに、絶対に表立って人には見せない...。それでなくとも、お金の話ってなかなか友達とはしないもの。いったいアラサー女子の懐事情って、どうなっているのか、どれくらいが普通なのか、みんなにこっそり教えてもらいました♡

"友達にはなかなか聞けない...だけど知りたい!"素朴な疑問から、気になる質問を徹底調査する『姉1000★アンケート隊 マーケティングレポート』。


今月のテーマは、『BANK BOOK(預金通帳)』です。


marketingreport10_main.jpgのサムネイル画像


Q.1 今、どれくらい貯金がある?

marketingreport10_q1.jpg

【分析】貯金している額は、なし~1500万円くらいまでかなりばらつきが!
人によって貯金額は驚くほどまちまち。また恋人の貯金額を知っている人は、なんと25%のみ! 親密な関係でも、なかなかお金の話はしないみたい。



Q.2 毎月、貯金してる?

marketingreport10_q2.jpg

【分析】恋愛していると、デートやおしゃれで出費がかさむ!?
毎月5万円以上貯蓄している人は、約15%ほど。また貯蓄額が多い人は、既婚者orパートナーがいない女子。結婚前の人はデートにお金がかかり、なかなか貯蓄するのは難しいという実態が明らかに。


Q.3 ボーナスが出たら、どれくらい貯金に回してる?

marketingreport10_q3.jpg

【分析】大抵の人が、夏も冬もボーナス貯金額はほぼ同額!
年齢に関係なく、毎月の貯金額が多い人はボーナスもしっかり貯蓄しているという結果に。ただ、ボーナスの貯金額が多くても現在の貯蓄が必ずしも多いわけではないということもわかりました。



Q.4 アラサー女子は、お給料の何パーセントを貯めるべきだと思う?

marketingreport10_q4.jpg

【分析】頑張って40歳までに「1000万円」ためられるように頑張りたいという人多し!

少なくとも毎年35万円くらいは貯めておくべきだそう。またアラサー女子が最低貯金しておかないとヤバいと思う金額1位は「100万円」。あなたは大丈夫?



Q.5 あなたは自分のことを貯金上手だと思う?

marketingreport10_q5.jpg

【分析】働くアラサーは意外とお金が入用!なかなか貯められない(汗)
飲み会やおしゃれへの出費など、気がつけばパラパラお金を使ってしまうという人がいっぱい! 貯めたいと思ったら、意志を固くもち、家計簿や定期貯金を活用するのがいいそう。



Q.6 今まで貯金って崩したことある?

marketingreport10_q6.jpg

【分析】なるべくならしたくないけれど、手をつけねばならぬときがある!

貯金を下ろした理由で多かったのが「引っ越し」と「結婚」。このふたつはどうしてもお金がかかる 借金がある人は、車や家の購入、奨学金の人多し。



Q.7 貯金を崩してでも、20〜30代のうちに思いきって投資したほうがいいことって?


marketingreport10_q7.jpg

【分析】結婚&出産したらできにくくなることを、今のうちに!

お金を貯めることも大事ですが、自分を高めるために使うことも大事だという意見がいっぱい! また、既婚女子からは「家族ができると、使えるお金だけでなく自分の時間が激減する」という意見が。お金を投資するなら、「結婚前に」がオススメだそうです。

<結論>
「ある=必ず幸せ」ではないけれど、なくては生きていけないのがお金。 何かあったときのために、日々のお給料から、少しずつでも貯めておくのが大人のたしなみ。しかし、素敵な人生を送るためにはただ貯めておくだけではダメアラサーになった今、未来のために貯めるお金と、自己投資するお金をしっかり分けて、自分を磨いていきましょう♡


AneCan11月号(2016年10月7日発売)『姉1000★アンケート隊 マーケティングレポート vol.10』より


------------------
【姉1000アンケート隊とは】
日本全国のアラサー世代の働く女性を中心とした、アンケートユニット。おかげさまでその規模は総勢1000人超え!彼女たちのアンケートへの回答から、AneCanの新企画が日々生まれる、AneCanを盛り上げてくれる読者集団です。



【アラサー女子の実態/バックナンバー】


【vol.9】友だちの結婚式のホンネ。

【vol.8】女性が自分の体臭を指摘してほしいひとは誰?

【vol.7】ムダ毛処理が意外と甘い部位は○○だった!

【vol.6】同性同士でも話しにくい、生理用品の実態

【vol.5】最高額は6万円!!リアルな下着事情まとめ

【vol.4】スマートフォンは何派が多い!?

【vol.3】意外と知らない!?試着室の使いかた


【関連情報】
・AneCan11月号(2016年10月7日発売)
ためし読み 電子版 雑誌






Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。