1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 【後編】下着に思いを詰め込む女性デザイナー - アラサー女子、それぞれが選ぶワークスタイルvol.5

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ライフスタイル】 2017:07:14:18:05:37
  • ライフスタイル
Check


前回に引き続き、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社の古嶋麻里さんにお話を伺います!

★前編はこちら


眞田詩穂のワークスタイル_トリンプ古嶋さんがデザインを考える姿


眞田 「古嶋さんは昔からデザイナーの仕事をしたいと思われていたのですか?」

古嶋 「小さいころから物を作ることが好きでした。大学進学のときには美術大学に行こうと考えていました。ちょうどそのころ実家を新しく建てていて、そのときの建築家の方との出会いも大きかったですね。自分の部屋に関して私がわがままを言うと、『じゃあ、色を塗って変えちゃえばいいじゃない!』など、とっても自由な発想で素敵な部屋にしてくださり感動したのです。それがきっかけとなり、しっかり勉強してみたいと思うようになりました」

眞田 「素敵な出会いがあったのですね。古嶋さんは卒業後、ウェディングの会社勤務を経て、トリンプに入社されたと伺っています。これらの選択には理由がありましたか?」

古嶋 「もともと女性に特化した空間やものづくりの仕事がしたいと思っていました。大学の卒業制作も女性向けのドレッサーを作りまして。女性が鏡に向かうときにどれだけ華やかな気持ちで迎えられるか考え、椅子を引くと照明が光るといった工夫をこらしたりしましたね。ウェディングもランジェリーも女性に特化しているという点で共通していると思います」

眞田 「なるほど。女性だからこそできることってたくさんありますもんね」


眞田詩穂のワークスタイル_トリンプ古嶋さんインタビュー3


眞田 「それではプライベートに関してもお聞かせください。古嶋さんはご結婚されていますか?」

古嶋 「はい。昨年結婚しました」

眞田 「旦那さまとはどんな出会いを?」

古嶋 「大学の同級生だったんです。8年ほど付き合って結婚に至りました」

眞田 「長いおつきあいだったのですね!ということは旦那さまもデザインの仕事をされていたりするのですか?」

古嶋 「はい。彼は空間デザインの仕事をしています」

眞田 「すごい!クリエイティブ夫婦!!でもお互いお忙しいですよね?1日の過ごし方について伺ってもよろしいですか?」

古嶋 「こんな感じです」

眞田詩穂のワークスタイル_トリンプ古嶋さんのスケジュール

眞田 「自炊もされるのですね!でもスケジュールの通り、帰ってきてから自炊すると食べる時間って遅くなりますよねぇ」

古嶋 「そうなんですよ。主人はいつも私より更に遅いので、作り置きできるものを考えて用意しています」

眞田 「やさしい...!!こう見ると平日は自分の時間もなかなか持てないですよね。休日はリフレッシュできていますか?」

古嶋 「はい。主人も休日はお休みのことが多いので、二人で展示会巡りなどします」

眞田 「趣味が合うっていいですよね!ただデザイナーということもあって、ご趣味と仕事内容がつながっていますが、お仕事とプライベートの切り分けはできていますか?」

古嶋 「私はプライベートと仕事をすみ分けしない方がうまくやっていけるんですよ。休日でもデザインのことを考えることは全然苦になりません。また、同じ部署のチームの皆さんとはプライベートでも仲がいいので、平日はよく飲みに行きますし、休日も一緒に遊ぶことだってあります。仕事のことからプライベートのことまでなんでも話せる仲ですね」

眞田 「なるほど!社員さん同士とっても仲がいいんですね。素晴らしい。チームはご年齢が近い方が多いですか?」

古嶋 「同年代の方から30代後半の方まで幅広いですね」

眞田 「お子さんがいる方もいますか?」

古嶋 「そうですね。社内全体で見てもお子さんがいらっしゃる方は多いですよ。女性が多いこともあるので、ママへの理解がある会社だと思います。フレックス勤務ということもあり、時短でも上手に時間を使うことができますので、お子さんがいる方でもすごく居心地がいい職場だと思います」

眞田 「古嶋さんも将来的にはお子さんが欲しいですか?」

古嶋 「そうですね。この会社だからこそ子どもがいても続けられるなと感じるので、将来的には欲しいなと思っています」

眞田 「デザイナーさんどうしに生まれるなんて、今からお子さんの将来が楽しみです!!(笑)それでは最後に今後の目標を伺ってもよろしいでしょうか」

古嶋 「そうですね。これからも女性に喜ばれる下着を作り続けていきたいと思います。また、社内で何かデザインを考える必要があるときに、古嶋さんにお願いしたいと皆さんから言われるようなデザイナーになりたいと思っています」


眞田詩穂のワークスタイル_トリンプ古嶋さんと



女性とって、下着はとっても身近で大事なものですよね。

今回古嶋さんとお会いして、下着にはこんなにもたくさんの思いが込められていたのかと感動しました。もっと大事に使いたいと思いましたし、これから下着巡りをする際は、どんな想いが込められているのか考えて見て回るのも楽しそうですね。これからも新作を楽しみにしています!!

ちなみに・・・

眞田詩穂のワークスタイル_トリンプのかわいい肌着

じゃーん!!

こ、こんなお土産まで(涙)
とーってもうれしかったです!これからの季節にぴったり!!重宝させていただきます!

古嶋さん、トリンプの皆さん、お忙しい中ご協力いただきまして、素敵なお土産までいただきまして、本当にありがとうございました!!!




【この記事を書いた人

 

眞田詩穂さんのサムネイル画像のサムネイル画像

眞田詩穂(TwitterInstagram)

大学在学中、音楽フェスの制作アルバイトを経験したことをきっかけに音楽関連会社に入社。ライブやイベントの協賛企画・営業として3年間勤務する。昨年6月に起業。現在も音楽に関わる仕事を続けながら、前職の経験も活かし代理店業など分野を広げて会社経営を行う。

起業をしてから、働くことって、お金を稼ぐことって、本当に大変だなと感じています。同じアラサー女子の皆さんはどんなことを考えて働いているのか、教えてください!!


【アラサー女子、それぞれが選ぶワークスタイル バックナンバー】

・Vol.1 シェアエコ最前線で輝く女性 前編後編
・Vol.2 金融業界に挑む企業女子 前編後編 
・Vol.3 星野リゾートでの女性の働き方 前編後編番外編
・Vol.4 mixiでエンターテインメントを生み出すママワーカー 前編後編 


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した動画 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。