1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 【後編】星野リゾートでの女性の働き方 ~アラサー女子、それぞれが選ぶワークスタイル vol.3〜

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ライフスタイル】 2017:04:25:08:33:06
  • ライフスタイル
Check


こんにちは。眞田詩穂です。

前回のインタビューに続き、星野リゾートの松田直子さんにお話を伺います。


森の空中基地 くすくすから館内に戻ってきました~

星野リゾートリゾナーレ熱海のフロントスタッフの制服を着た、スタッフ松田さん


 「おまたせしました」


 「わ!ザ・ホテルパーソンという感じで素敵です!フロントの方が着ていた制服ですね!」


 「そうです!」




■ 新卒で星野リゾートへ入社


 「松田さんは新卒採用で星野リゾートに入社されたとのことですが、もともとホテル業界志望だったのですか?」


 「人と触れ合える仕事をしたいと思っていたので、サービス業界全般を視野に入れて就職活動を行なっていました。その中で、星野リゾートの説明会に行ったとき、素敵な会社だなと思ったのです」


 「具体的にはどういったところに興味を惹かれましたか?」


 「現場第一主義といいますか、お客さまの顔を見ながら企画に携われるという部分に惹かれました」


 「自分が企画したものを直接お客さまに届けられるという?」


 「はい。自分の企画が形となり、お客さまが喜んでいるところを直接見られるときがいちばんうれしいですし、やりがいでもあります」




■ 自分の得意分野を活かしたい


 「現場に携われるからこそ経験できるうれしさですね。

それでは入社以降ついて質問です。星野リゾートは入社すると各施設に配属されるのですか?」


 「そうですね。OJT(オンザジョブトレーニング=実務をさせることで育成する職業教育)ですので、入社後は1年間で3箇所回りました。リゾナーレ八ヶ岳・星のや軽井沢・リゾナーレトマムの3つです。その後、アクティビティが多いリゾナーレ八ヶ岳に希望を出し、アクティビティに関わる季節イベントの企画などをしました」


 「なるほど。アクティビティ担当になりたかった理由はありますか?」


 「学生時代からキッズ向けのキャンプを企画・運営をしていたこともあり、自分の得意分野を活かしたいと思っていましたし、実際にリゾナーレ八ヶ岳で経験してみて、自分に合っていると思ったからです」




■ リゾナーレ熱海の会議スタイル


 「昔からそういった企画や運営の経験があったのですね!ちなみに今回こちらへ伺って、非常に凝った施設や企画が多いと思ったのですが、実際にはどのように社内で議論されているのでしょうか」


 「星野リゾートでは魅力会議という企画会議があります。そこで意見を出し合い、新しいものから改善すべきものまでさまざまな議論をしています」


星野リゾートリゾナーレ熱海のスタッフの打ち合わせ風景




 「会議にはどなたが参加されるのですか?」


 「現在はアクティビティユニットのメンバーを春秋担当・夏冬担当の2チームに分けて、それぞれのチームが月に約2回、会議を行っています。そこには毎回支配人と広報が参加します。

また、時にはサービスチームも交えて全員でブレストすることもありますし、本社のマーケティングチームとテレビ電話をつないでアドバイスをもらったりすることもあります」


 「支配人が毎回会議にいらっしゃるんですね!緊張してしまいそうですが...」


 「社内は非常にフラットな会社なので、若い方でも意見が出しやすい空気があります。また、ひとつの会議の参加者が少数なのも理由のひとつです」


 「なるほど。確かに人数が少ないと緊張も少なくなるし、意見が出しやすいですね。企画をするにあたっての考え方や指針はありますか?」


 「はい。リゾナーレ熱海では企画をするとき、顧客のニーズ、土地の強み、自分たちが伝えたいこと3つが重なる部分を提供するという考え方で実行しています。

この考え方によって、新しいものを生み出すときだけではなく、今あるものでも顧客のニーズと違ったり、土地の強みを活かしきれていないということがあれば、改善を図ります」


星野リゾートリゾナーレ熱海のスタッフの打ち合わせ風景




■ 休日の過ごし方


 「なるほど。少し話は変わりますが、先ほど入社後に3施設回られた話を伺いました。リゾートホテルというだけあって北から南まで勤務場所がすごいですよね。

ご出身は千葉ということで、なかなか家族や友人に会えないかと思うのですが、プライベートは充実していますか?」


 「もちろん平日の仕事終わりに友人と飲みに行くということはなかなかできませんが、社員どうしで飲みに行ったりすることもあるので楽しいですよ」


 「仲がいいんですね!」


 「はい。シフト制なのでなかなか全員で集まるのは難しいですが、少人数で行くことはよくありますね。また、夜勤でない時は、帰宅する時間もそんなに遅くないので、自炊することもありますし、趣味のお菓子作りをすることもあります」


 「お菓子作り!女子力もお高い!!休日は何をしていますか?」


 「友人との旅行や、熱海周辺を日帰りドライブすることが多いです」


 「ぜひ熱海でオススメのスポットを!」


 「同じく星野リゾートが運営する、界 熱海の近くにあるのですが、伊豆山の走り湯という足湯がオススメです。お天気がいい日の朝に行くと日の出も見られて、とっても気持ちがいいですよ」


 「足湯!いいですねぇ。ぜひ入って帰りたいですが、時間がない...。せめて美味しいご飯だけでも食べて帰りたいです。もしオススメのレストランなどがあれば教えてください!」


 「この近くだとREFSがオススメです。八百屋さんが経営するカフェなので、地元の新鮮野菜を食べられますよ。また熱海はお魚が新鮮なので、干物で有名な釜鶴というお店がやっているお食事処では、干物はもちろんアジのタタキ丼もおいしく食べられます。もし時間があるときは、ここから車で20~30分の真鶴半島にある干物を使ったピザを出しているKENNYも美味しいですよ」


 「う〜ん、全部気になります!!」



★気になる方は下記をチェック!

走り湯(熱海市観光協会)
REFS (レフズ)~やさいのセレクトショップ~
釜鶴ひもの店
真鶴ピザ食堂KENNY




星野リゾートリゾナーレ熱海のスタッフ松田さんと眞田詩穂さん



■ 仕事とプライベートの線引き


 「プライベートの時間やお休みを上手に活用してお仕事以外も充実されているようですが、仕事とプライベートを両立させるために心がけていることはありますか?」


 「家に帰ったらなるべくメールチェックはしないようにしています。今はスマホで簡単にメールが見られることもあり、ついつい気にして開いてしまうのですが、キリがないので最近は見るのをやめました。できるだけ仕事とプライベートは切り離してメリハリをつけるようにしています」


 「わかります!私も会社に勤めていたころは、スマホでついついメールを開いて作業していました。明日でもいいのに、気になってやってしまうんですよね...」


 「そうですね。そのため会社を出る際には、何か急ぎの用があれば電話をくださいと言っています」


 「フラットな関係が築かれていると言いやすいですよね。社員さんどうしは仲がいいとのことですが、ホテル業界と聞くとシフト制ですし、大変なイメージがあります。会社自体は働きやすい環境ですか?」


 「はい。しっかり休みも取れますし、働きづらいと思ったことはないですね。逆にうれしい制度もあり、活用しました」


 「うれしい制度?」




■ 会社独自の制度で、1年間イギリスへ!


 「学習休職という制度があり、1年間は会社に在籍しながら、勉強のために休職ができるという制度です。私はこの制度を使って27歳のときにイギリスへワーキングホリデーに行きました」


 「なんですかそのうれしい制度!イギリスは語学勉強で行かれたのですか?」


 「はい。最初の半年は語学学校に通いながらレストランでアルバイトをしていました。その後、スコットランドのホテルに住み込みで働きました」


 「語学以外にも仕事につながる勉強をされたということですね」


 「はい、非常に濃い1年となりました。日本に帰ってきて半年で熱海に異動になったこともあり、そこでの経験は森の空中基地 くすくすや新しい企画のヒントになりました」


 「なるほど。その他、女性にとってうれしい制度などはありますか?」


 「制度として何か大きなものがあるというわけではないですが、リゾナーレ熱海で働く社員は女性が6割と半数以上を占めているので、お子さまがいらっしゃる方も多くいます。そのため、時短で働ける制度もありますし、女性が多いからこそわかりあえる部分もあるので、女性が働くにはやさしい環境だと思います」




■ 海外事業にもチャレンジしたい


 「確かに女性の方が多くいらっしゃいましたもんね!ではそろそろ魅力会議も始まるということで、最後に今後の目標や展望をお聞かせいただけますか?」


 「素直に働きやすい会社だなと思うので、結婚や出産をしたとしても、できるだけこの会社で仕事を続けていきたいと思っています。また、星野リゾート初の海外進出である星のやバリもオープンしましたし、今後海外に星野リゾートが展開していく際は、チャンスがあれば海外での仕事にも挑戦してみたいと思っています」


 「確かに星のやバリもできたことですし、可能性は多いにありますね!今後の星野リゾートの展開、そして松田さんのご活躍を楽しみにしております!今日はどうもありがとうございました!」


星野リゾートリゾナーレ熱海のスタッフ松田さんと眞田詩穂さん(「森の空中基地 くすくす」にて)


約12年を通して常により良いおもてなしを考え続け、チームリーダーとして働く松田さん。

そして現場を第一に仕事へ取り組む姿勢はとても素敵ですし、どの会社に所属していても大事なことだと思いました。そしていろんな制服を着て何変化もされる松田さんはとても輝いていました。



松田さん、星野リゾートの皆さん、素敵なおもてなしとご協力、本当にありがとうございました!


>>>【前編】星野リゾートで素敵な「おもてなし」をしかける!


憧れの星野リゾート訪問ということで、「リゾナーレ熱海」の館内もレポートしちゃいます!

>>>【番外編】勝手に熱海旅行記〜眞田、リゾナーレ熱海を堪能する〜




【この記事を書いた人】

眞田詩穂さんのサムネイル画像


眞田詩穂
TwitterInstagram)

大学在学中、音楽フェスの制作アルバイトを経験したことをきっかけに音楽関連会社に入社。
ライブやイベントの協賛企画・営業として3年間勤務する。
昨年6月に起業。現在も音楽に関わる仕事を続けながら、前職の経験も活かし代理店業など分野を広げて会社経営を行う。

起業をしてから、働くことって、お金を稼ぐことって、本当に大変だなと感じています。
同じアラサー女子の皆さんはどんなことを考えて働いているのか、教えてください!!



【アラサー女子、それぞれが選ぶワークスタイル バックナンバー】

・Vol.1 シェアエコ最前線で輝く女性 前編後編

・Vol.3 金融業界に挑む企業女子 前編後編 


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した動画 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。