1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 休んでも疲れがとれないひとにおすすめ!「マインドフルネス」入門3選

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ライフスタイル】 2016:10:13:17:28:00
  • AneCan本誌
  • ライフスタイル
Check


■ その疲れ、本当にとれていますか?

毎日の仕事に対人関係、恋愛のあれこれで、知らず知らずのうちに溜まるストレス。

でも、気分転換にのんびりしても、マッサージにいっても疲れがとれない...と感じることはありませんか?その原因は、身体ではなく脳が疲れているからなんです。


■ 脳を休ませる「マインドフルネス」に注目!

そこで最近、注目されているのが「マインドフルネス」。脳科学の分野で効果が証明された「脳の休息」方法です。

初心者でも理解しやすい「マインドフルネス初め」にぴったりな入門コンテンツをAneCan編集部がピックアップしてみました!



1610mindfullness_image.jpg
本格的なマインドフルネスをやってみたひとはこんな感想をもつそうですよ!(AneCan11月号より)



■ 初心者におすすめの「マインドフルネス」入門

・林修先生や澤穂希さんが出演、話題沸騰!
「NHKスペシャル シリーズ キラーストレス」

今、世界が本気で取り組み始めたストレス対策。その背景にあるのは、ストレスが原因とみられる心と体の病の急増です。最新科学によって効果が裏付けられた誰にでもできるストレス対策を、世界の最前線から報告。NHKオンデマンドで検索・視聴可能。※2017年7月3日まで。全2回。


・あのグーグルの研修から学ぶ

『サーチ・インサイド・ユアセルフ ――仕事と人生を飛躍させる グーグルのマインドフルネス実践法』
チャディー・メン・タン著(¥1,900/英治出版)

1610mindfullness_google.jpg

なぜグーグルの社員は、楽しく創造的に働き、柔軟性をもち、優れた成果を上げられるのか?その鍵を握るのが、独自の研修プログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」。

科学にもとづき、マインドフルネスを日々実践しやすい形にした「SIY」は、ほかの企業や大学にも次々に採用されています。その内容を開発者自身が楽しく紹介!



・アプリの音声ガイドに従うだけでOK
「MYALO」

1610mindfullness_MYALOicon.jpg


禅(瞑想)を科学するプロが、細部まで監修した脳のトレーニングアプリ「ミャロ」。

ギリシア語で脳を意味するこのアプリは、初めての人でも音声ガイドの指示に従うだけで、手軽にマインドフルネス瞑想を体験できます。また、スマホのインカメラやミニゲームで、心拍数やマインドフル度を測定する機能も搭載。
※無料(一部app内課金あり)。



■ 脳のSOSを見逃さないで!

「忙しくないときも、いつも疲れている」
「どれだけ休んでも、なんとなくダルい」
「集中力が続かずに、いろんなことが気になってしまう」

これは身体ではなく脳が疲労しているサインです。

AneCan11月号(2016年10月7日発売)では、特集「心が整う『マインドフルネス』入門」にて、本格的なマインドフルネスの体験談や、「脳の疲れ」について専門家の方からうかがったお話をわかりやすくまとめました!

根本から自分の力で心を整える「マインドフルネス」で内面から自分を癒して、無理のない生活を送ってみませんか?


【関連情報】
プロが厳選!ダメージヘアに効くアイテム5選

・AneCan11月号(2016年10月7日発売)

ためし読み 電子版 雑誌


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。