1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 平均9分で完成!アラサーママの時短朝食テクがすごい

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ライフスタイル】 2016:06:14:20:55:49
  • AneLADY
  • プレママ・ママ
  • ライフスタイル
Check



じめじめと気分も滞りがちな6月、みなさんきちんと朝食を摂っていますか?
たとえお天気が悪くても、元気に毎日を送る秘けつは、しっかりと朝食を食べること。

そうは言っても朝は忙しくて...というあなたへ、AneCan読者のリアルな朝食と時短テクニックをご紹介します!

■ 朝食の準備時間、平均○分って本当!?


1606mama_morning_0.jpg


AneCan読者の中でも、お子さんのいるママ20名にアンケート調査を実施した結果、朝食の準備にかかる時間は平均9分。特に5〜10分という回答が最多となりました。

それにしても...本当に10分以内できちんとした朝食を作ることなど、できるのでしょうか?

短時間できる栄養バランスのとれたアラサーママのリアルな朝食時短テクをご紹介します!


■ 5分以内でできるオシャレ朝食、時短のカギは○○でした♡

まずは、お料理をお仕事にしている香道実華さん(33歳・料理教室主宰)の、朝食風景から。

1606mama_morning_1.jpg
「オシャレなカフェでも流行している、ボリュームのあるサラダを家でもよく作っています。
飽きずに最後まで食べられるように、ドレッシングは数種類用意。具は混ぜずに盛りつけるのがポイントです」

常備野菜で手軽に作れるサラダモーニングも、あえて無造作に盛り付けて効率よくオシャレに。

野菜は時間のあるときにカットしておき、すぐに使える状態で保存しておくとさらに朝の時間を短縮できますね。


1606mama_morning_2.jpg

「The City Bakery(ザ・シティ・ベーカリー)のベーグルにクリームチーズとアボカドをはさむだけ。
隠し味にトリュフ塩を使っています」

食パンから作るサンドイッチよりも、簡単にできてオシャレに見えるベーグルサンド。
ちょっと贅沢な調味料を使えば、短時間でも濃密な味わいが楽しめますね。


1606mama_morning_3.jpg

「前日がカレーだった翌朝は、夫にカレーをリクエストされます。
私は朝からカレーはキツいので、カレーチーズトーストにするなどメニューを工夫しています」

前日の夕飯を活用するのは、時短朝食の定番ですよね。
サラダと福神漬けを添えるだけで、手抜き感もなくなります。


■ 時短朝食の定番、夕飯活用メニューを一挙公開!

今回、朝食の時短テクニックをリサーチする中で、最も多く聞かれたのがこの「前日の夕飯を活用して朝食を用意する」という回答でした。

 

1606mama_morning_4.jpg
「前日の夕飯のビーフシチューをオムハヤシにアレンジ。
夫も子どもも大好物なので、朝からもりもり食べてくれます」
(岸川菜月さん 29歳 フラワーセラピーサロン主宰)




1606mama_morning_5.jpg

「夕飯で残ったキノコご飯に、自家製のぬか漬け、常備菜のきんぴらごぼうとさつま揚げを添えて。
朝は盛りつけるだけなので楽ちんです」
(筆者・宮森渚朝 32歳 ベビーマッサージ講師)


1606mama_morning_6_m.jpg
「基本は切るだけ・温めるだけ・盛りつけるだけ。
おかずは前夜の物を活用してバランスよく用意しています」
(小倉裕子さん 32歳 看護師)


1606mama_morning_7.jpg
「お味噌汁、お漬け物の酵素は免疫を高めるためにも毎朝欠かせません。
おのずと和食になるので、時間がかかる煮魚は前の晩から仕込んでいます。
ネギは買ってすぐ刻んで小分けで冷凍しておくと、毎朝の時短になりますよ」
(吉田葵さん 37歳 専業主婦)



■ 冷凍をフル活用で時短なのにおいしい!!

ここで登場した「冷凍」というキーワード。
時短の達人ママたちは、「冷凍」をフル活用しているんです!

フルタイム共働きで、特に朝は大忙しの吉濱紗由香さん(34歳 法律事務所勤務)は、和食・洋食ともに上手に冷凍ワザを活用して時短を実現している様子。

1606mama_morning_8.jpg
「コストコのディナーロールをまとめ買いし、小分けにして冷凍。
食べるときは冷凍のままトースターに入れて300wで10分。焼きたてのようなおいしさです」


1606mama_morning_9.jpg
「鮭は1週間分購入して、1切れずつ冷凍。凍ったままグリルで10分焼けばOKです」

定番の朝食メニューのほか、ルックスに秀でたメニューも冷蔵庫を活用すれば気軽に楽しめるんです。



1606mama_morning_10.jpg

「時間のあるときに、ワッフルメーカーでワッフルを手作り。
生地はホットケーキミックスで簡単にできます。冷凍してもおいしい、お気に入りのメニューです」
(小倉裕子さん 32歳 看護師)


1606mama_morning_11.jpg

「バナナやキウイ、リンゴなどスムージーの定番フルーツはジップロックでまとめて冷凍。
皮をむいたり切ったりする手間がなくなるので、朝の準備時間は2分でOKになります」
(筆者・宮森渚朝 32歳 ベビーマッサージ講師)


■ ワンプレート&「見栄え」グッズで、後片付けも楽ちん!

さらに、ほとんどのママ読者たちが「ワンプレートで朝食を用意している」という共通点を発見。
ワンプレートなら、後片付けも楽ちんで、さらに時間を有効活用できますね。

1606mama_morning_12.jpg

また時短メニュー×ワンプレートで、うまく手を抜きつつもオシャレな朝食を楽しむポイントはやっぱり「見栄え」。

お気に入りの食器や、テーブルマット、トレイなどを活用すれば、手軽で見栄えのよい朝食が完成します!



1606mama_morning_13.jpg

ボリュームサラダやベーグルサンドなどの時短おしゃれメニュー、前日の夕飯&冷凍活用テクニックで作られるリアルな朝食。
5〜10分で用意できるのなら、朝が苦手でなかなか時間がとれなくても気軽にトライしやすいですよね。

忙しい朝でもしっかりと(だけど効率よく)おいしい朝食を食べて、HAPPY&ACTIVEな毎日をすごしましょう!

アラサーママからよせられた時短朝食のヒント、ぜひ参考にしてみてくださいね。


(AneLADY100 宮森渚朝)

【関連記事】
出産をきっかけに週2勤務に。仕事もプライベートも120%充実ママ 【今どきワーキングママの実態vol.2】

25歳〜32歳の一般女性9人の私生活まとめ

【ママ必見】汗ばむ季節も怖くない! Debut de Fiore & LAISSE PASSEの洗えるアイテム徹底レポート


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した動画 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。