1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 定番だから極めたい!黒タートルネックをおしゃれに着こなすルール

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ファッション】 2015:12:09:06:05:00
  • AneCan本誌
  • ファッション
  • モデル
  • 大石参月
  • 葛岡 碧
  • 高垣麗子
Check

冬の定番、「黒」。なかでも黒タートルネックニットは、おのずと出番が多くなる定番アイテムです。
定番だからこそ、コーディネートがマンネリになりがち・・・。
困ったときにも頼りになる「黒タートルネックニット」をおしゃれに着こなしましょう。


1601black5.jpg

■万能なのは、ハイゲージ

あらゆるアイテムと相性よし!な黒タートルニットのなかでも、編み目の細かいハイゲージは、きちんとした印象も出せるアイテム。

1601black3.jpg
ニット ¥11,000(ジャスグリッティー) 
モデル: 高垣麗子

シンプルだからこそ、柄ボトムと合わせて。トライしにくい柄アイテムもコーディネートしやすいのが魅力です。今年らしくするなら、トップスをインしてみて。


■ざっくりローゲージは上品に仕上げる

カジュアルな印象のざっくりした編み目のローゲージ。グレーやベージュなどニュアンスカラーを合わせると、黒にまろやかさがでて上品な印象に。

1601black2.jpg
ニット ¥36,000 (ROPÉ mademoiselle<VONDEL>)
モデル: 大石参月

細身のボトムと合わせれば、通勤シーンでも活躍してくれます。ローゲージは、大きめサイズだとカジュアルな印象になりすぎてしまうので、ジャストサイズを選ぶのが、コツ。


■リブタートルは、シルエット重視

縦の編み目が特徴のリブニットは、フィットして伸縮するラインが特徴。ボディラインが響きやすいので、下着選びも念入りに。
オールブラックのコーディネートでも、素材感が違うのでメリハリが生まれます。

1601black1.jpg
ニット ¥14,000(LOUNIE)

ボトムはふんわりスカートなど、フィット&フレアなシルエットにするのがおすすめ。


■ゆったりタートルはレイヤード

首元がゆったりしたタートルニットは、重ね着も楽しめます。
シャツをインすれば、きれいめなパリッとした着こなしに。

1601black4.jpg
ニット (インナータンクトップつき) ¥6,900 (MULLER)

白ボトムと合わせたクリーンな印象のコーディネートは、休日にもトライしたいスタイル。

編み目や素材の違いで、雰囲気がガラリと変わる黒タートルニット。
どんなコーディネートにするかイメージして、とっておきの一着を選んでみて。

黒をシンプルに、でも上品に着こなしているといえば、パリジェンヌです。こちらの特集では、ワンピース、ニット、コート、憧れブランドの黒アイテムをパリジェンヌ風に着こなすレシピを掲載しています。

1601black6.jpg

AneCan1月号(2015年12月7日発売) 『冬の黒は、パリジェンヌみたいに』

【関連記事】
AneCan1月号(2015年12月7日発売)

2枚目コートは安く!買うべきコート厳選5つ

発想が逆!白こそ、かっこよく。かわいさは黒で。

Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。