1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. すべて1万円台で買えて毎日着られる、2016年春の新定番5つ

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ファッション】 2016:04:07:12:00:00
  • AneCan本誌
  • ファッション
Check



流行っているからと、つい買ってしまったものの、実際にあまり着なかった・・・というお洋服がクローゼットに眠っていませんか?

この春欲しいのは、トレンド要素は入れつつも、毎日着られるリアルクローズ。

流行のエッセンスが効いていながら、日々のコーディネートに活躍してくれる、今買うべきアイテム・ベスト5がこちらです!



■きれい色ゆるVニット

〝ベーシック〟と呼ばれるアイテムほど、毎年少しずつ時代性を反映しているもの。
だからこそ、定期的なアップデートが必要なんです。ニットもそんなアイテムのひとつ。

今年らしい春ニットを選ぶうえで、まず見極めるべきは〝ゆるっと感〟。「太って見えそうで抵抗がある...」、なんて人はまずドロップショルダーのものから始めてみて。かえって体が華奢見えするのがわかると思うから。そこに女性らしい肌見せができるVネックがマスト。
胸元がシャープに開いているぶん、白やニュアンスカラーのきれい色を選んで優しさを添えれば、ニット一枚で今っぽくて春っぽい、そんな雰囲気が即、完成です。

1604basic3.jpg

モーブピンクのほか、ライトオレンジ、アイスブルー、ラベンダーなど、きれい色豊富な全8色展開。それでいてこのお値段! 色チ買いしてそろえたい♡

ニット¥3,700(MERCURYDUO〈MERCURYDUO〉)




■スカーチョ

スカートのもつ女らしさがありながら、脚さばきのよいガウチョパンツ。そんな一挙両得なアイテムをAneCanは〝スカーチョ〟と命名! 

冬からチラホラ見かけてはいたけれど、すでに本格的なリリースラッシュを迎えています! 

ポイントは〝裾広がりのAラインシルエット〟のものを選ぶ、たったそれだけ。そこから、さらに女っぽさを出したい人は、落ち感のきれいなとろみ素材を、トレンド感を存分に楽しみたい人はカーキやベージュなどのアースカラーをチョイスしてみて。華奢見えを狙うなら、ふくらはぎの一番太い部分が隠れるくらいの長さを選んで、足首を魅せるのがポイントです!

1604basic4.jpg


ベルトマークタイプはトップスを外に出しても、中にしまってもスタイルアップが叶うので、初めの1枚にはもってこい! 
パンツ¥15,000(ジュエルチェンジズ 横浜店〈ジュエルチェンジズ〉)


■ラッフル袖ブラウス

ラッフルとは、フリルより幅の大きいデザインのこと。袖がラッフルになっていると、二の腕の太さや肩の張りが気になる人も上手に隠すことができるのがポイント。露出が高くなる春夏にこそワードローブに取り入れたい必須アイテムです。今シーズンはVネックのものが多く、顔周りがスッキリ見える効果あり!
また裾にサイドスリットが入ったタイプも増えていて、前だけボトムにINしてカジュアルに着れば、スタイリングの幅も広がります。甘さを抑えるなら、寒色やトレンドのカーキを選ぶのがおすすめです。

1604basic5.jpg



V開きで女性らしいデコルテは出したいけど、この腕は隠したい...という絶妙な女心をわかってる! 

ブラウス¥12,000(エミ ルミネ横浜店〈emmi atelier〉)



■ひざ丈タックスカート

スカートは、仕事でも休みの日でも欠かせないワードローブです。そんな、ひとり複数枚必ず持っている定番な服を今年らしくアップデートするなら、まずは丈感! ジャストひざ丈~拳1個分長い丈なら、トレンド感があり、脚が長く見えて、なおかつ上品。さらに、シャリッとした触り心地にハリ感のある素材で、タック入りのふんわりシルエットが合わされば、脚を細く見せることが可能♪ 

もう一歩今年らしさを加えるなら、春から夏にかけて急増中の、裾がアシメトリーになっているスカートは、新しさがあって狙い目です!

1604basic6.jpg


かなり軽い素材で、細かいタック
入りなので、歩くとふわっと広がります。

スカート ¥14,000(ROPÉ)



■9分丈テーパードパンツ

パンツよりもスカート派の読者が多い理由は人それぞれだと思いますが、「腰回りや、お尻から太ももにかけての太さが気になる」という声を取材の度に耳にします。そんな苦手意識ともおさらばできる、優秀パンツが今季のトレンド。腰回りがゆったりしたシルエットがテーパードパンツの特徴で、この春はタックが大きめに入っているものが豊富。腰から太ももまでをカバーしてくれるんです。さらに、そのタックが、パンツ全体を立体的に見せてくれるという効果も。丈は、くるぶしが見える長めのもので、大人っぽさ&きちんと感をgetしましょう。マニッシュになりがちなパンツスタイルは、とろみ素材を選んだりニュアンスカラーのトップスを合わせたりすることで、女性らしく格上げするのがコツ!

1604basic8.jpg



てろんとしたやわらかい素材に、ウエストの後ろ部分がゴムなので、一日中はいていても疲れ知らず。
パンツ¥15,000(バロックジャパンリミテッド〈PEGGY LANA〉)



AneCan5月号(2016年4月7日発売)では、きれい色ゆるVニット・スカーチョ・ラッフル袖ブラウス・ひざ丈タックスカート・9分丈テーパードパンツの5つのアイテムの着こなしもご紹介。

すべて1万円台で買えるものだけを厳選しました。

1604basic7.jpg


【関連記事】

AneCan5月号(2016年4月7日発売)
ためし読み 電子版 雑誌


断然今っぽい!「襟抜きシャツ」の選ぶポイントと着こなしアイディア


 

1604basic9.jpg


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。