1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 話題の「糖質オフダイエット」無理なく続ける3つのコツ

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ビューティ】 2015:12:29:11:30:00
  • AneCan本誌
  • ビューティ
  • モデル
  • 有村実樹
Check

忘年会や新年会など外食が増えたり、寝正月で暴飲暴食をしてしまったり・・・、ボディラインが油断しがちな年末年始。

そこで、昨年あたりから話題の"糖質オフ"について、友利 新先生にうかがってきました。


■そもそも"糖質オフ"とは?

「食事の中の糖質をなくすこと。3食のうちお米やパスタなどの主食をはじめ、さつまいもや大根などの根菜類、みりんなどの調味料含め、糖質を含むものを排除し、肉や魚、葉野菜などから栄養を補います」(友利先生)
糖質を含むものを排除する代わりに、たんぱく質である肉や魚は好きなだけ食べてOKなのだそう。

1601mikisalon1.jpg

「糖質といえば、お米、パン、パスタくらい・・・? なんて思ったら大間違い。実は甘いフルーツや野菜、飲み物、ダイエット食の定番である春雨にも多く含まれています。まずは何が糖質かを知ることから始めて」と友利先生がおっしゃるように、あまり糖質と認識していなかったものが含まれていることもあるんです。


■糖質オフダイエットを続けるコツ

その1: いきなりストイックにやりすぎない!

最初からハードに糖質を制限すると、リバウンドする可能性も大。食べられる食材も限られるから外食の楽しみも減り、付き合いに支障をきたすことも・・・。何より続けることが大切なので、無理は禁物です(友利先生)

その2: 2食続けて糖質を摂らない "ゆる糖質オフ"がおすすめ

ゆる糖質オフの目安は1日100g以下。といっても計算しづらい・・・という人は、2食続けて摂らないことをルールに。昼食にお米やパスタが含まれていたら、夕食はおかずのみにするのがトライしやすいはず(友利先生)

その3: 小腹がすいたら、ふすまパン、無糖ヨーグルト、ナッツ類を賢く利用しよう

ゆる糖質オフにするなら、間色にも気をつけて。飴やガムなどにも糖質がたっぷり含まれています。どうしてもパンが食べたい~!なんてときは、小麦の表皮や胚芽部分から作られた低糖質のふすまパンが◎(友利先生)

ふすまパンとは、小麦から小麦粉を精製するときに取り除かれる小麦の外皮と胚芽部分である"小麦ふすま"を使用してつくられたパンのこと。小麦ふすまは、"ブラン"とも呼ばれ、栄養食品も発売されて注目度は増すばかり。
食物繊維や鉄分など栄養成分が豊富に含まれていながら、低糖質、低カロリーなのです。

1601mikisalon2.jpg

糖質を一切絶つと、満足感が得られなかったり、たんぱく質や脂質が一気に増えることで味付けで塩分過多になることも多いのだそう。
まずは、「"ゆる"糖質オフ」から始めてみてはいかがでしょうか。

AneCan1月号(2015年12月7日発売) 有村実樹 連載『美容サロン「実樹」』より

【関連記事】
AneCan1月号(2015年12月7日発売)




Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。