1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. あの神崎 恵さんが伝授!「美容液」の効かせ方 3ステップ

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ビューティ】 2016:03:19:16:15:50
  • AneCan本誌
  • ビューティ
Check


「ただ肌にのせただけでは、どんなに高額な美容液だって効果は半減。
肌も自分の心も満たされません」

-そう語るのは、ビューティ・ライフスタイリスト、美容研究家の神崎 恵さん。



肌と心に効かせる独自の美容法やメーク術は常に注目の的。女子ゴコロに強く響く言葉をちりばめた数々の書籍は、累計78万部超え!

世の女性たちの憧れ、内側からじゅわっとツヤめく肌の持ち主・神崎さんに、効果が変わる「美容液」の使いかたをお聞きしました。



■つけ方、気持ち次第で効果が変わる!

1:鏡の前で肌を見て、脳からきれいに
ていねいに押し込む

1603megumi2.jpg


まずスキンケアをするときは、必ず鏡を見ましょう。 脳にケアをしていることを感じさせ、自分の肌と会話をしながら、 ていねいになじませることが大切です。頬やおでこなど広い部分はてのひらで、小鼻の脇や口元などの細かいパーツは指の腹を使って優しく包み込んで、熱を加えて浸透を高める。これが基本のつけ方です。
朝イチ、自然光の中で自分の肌を確認して、昨夜のケアの効果を確認することから始めて。



2:気持ちも肌のゆるみも優しくリフト
上へ上へなじませる

1603megumi3.jpg



美容液を肌に広げるときは、肌をこすらないようにソフトタッチで、斜め上へ引き上げるようなイメージで。 このときもパパッと済ませるのではなく、鏡の前で自分の肌と気持ちが上がっていくのを感じ取りながらじっくりと。
デリケートな目元は指の腹を使って優しく トントントンと。

3:ゾーンごとに乾き具合は違います
欲するだけおかわりする

1603megumi1.jpg

基本は顔全体につけますが、目元など乾きやすい部分にはしっかり潤ったことを感じるまで重ねづけ、テカりやすい小鼻まわりは少量にするなど、それぞれのゾーンに合わせて調整しましょう。
化粧水は美容成分の通り道をつくるもの。クリームや乳液でしっかり閉じ込めます。

「大切なのは、どうなじませるか、です。 手の温もりとともに肌の奥へ、奥へ届ける。そして、その美容液の役割と効果をちゃんと考えながらなじませることで、効果は倍増します !  肌は心に敏感なんです」と、神崎 恵さん。


AneCan4月号(2016年3月7日発売)には、「神崎 恵が伝授! アラサー肌を救ってくれる10,000円台美容液」特集が掲載されています。

22本の美容液のなかから、あなたの運命の一本に出合えますように。


1603megumi6.jpg


【関連記事】

AneCan4月号(2016年3月7日発売)
ためし読み 電子版 雑誌

この春髪を切るなら、「ボサッとレイヤー」「きれいめボブディ」

「ホットオレンジリップ」の上手な塗り方&厳選5ブランド



Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。