1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. すぐ出来る。今っぽい「アイメーク」、4つのポイント!

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ビューティ】 2015:09:18:18:00:00
  • AneCan本誌
  • ビューティ
  • モデル
  • 森 絵里香
Check

ファッションにトレンドがあるように、メークも時代により変化するもの。
赤いルージュ旋風をはじめ、ここ最近は「唇」がポイントとなっていました。
そんなトレンドが一変! この秋は、アイメークが主役の顔に、注目が集まっています。

がしかし、目元を盛れば良いってものではない。古くさくならない、今っぽいバランスがあるのです。


■検証! 今っぽいメークのバランス

AneCanモデル森 絵里香が、4つのメークで検証!

1509eyemake1.jpg

写真右)引き続き人気のナチュラルメークですが、薄過ぎると手抜き感が出てしまい逆効果。

写真中右)頬と唇が主役、目元は薄めの「血色メーク」。夏まではこのくらいのバランスが主流でした。

写真左)アイシャドウはしっかりグラデーション。目尻までぐいっと引いた黒のアイライン。王道バランスも、今年はちょっとやりすぎな印象に。

正解バランスは!
写真中左) 秋目指したいバランスは、目元にポイントがありながらも、抜け感のある仕上がりです。


■今目指すべきアイメークのつくり方

・アイシャドウ

4色パレットのアイシャドウ、全色をフル活用してグラデーション。結果、どんどん濃くなっていませんか?
この秋は、濃い色をべたっとのせないようにするのがポイント。上まぶた全体にベースをのせ、アイホール全体に中間色を。

1509akimake1.jpg

締め色は、まつげのキワを埋める程度にすると、奥行がありながらもふんわりとした印象の目元に仕上がります。


・アイライン

"アイライン引いてます"と言わんばかりの、くっきりラインから卒業!
黒のリキッドタイプから、茶のペンシルタイプに変更。黒目の上から目尻にかけて細く長めに引く。

1509akimake2.jpg

インサイドは、まつげの隙間をしっかり埋めるように描いて、目のフレームを強調。ナチュラルだけど、くっきりした目元に。


・マスカラ

まつげは、目頭から目尻まで、扇状の繊細な仕上がりがベスト。
色は黒を選び、全体的に引き締めます。

1509akimake3.jpg


・眉

流行のナチュ太眉は、この秋も健在。
ただし、淡めのブラウンで強くなりすぎないように注意して。

1509akimake4.jpg


完成したのが、こちらのメーク。
目元の存在感がありながらも、重さを感じないアイメークです。


1509eyemake5.jpg

使用したアイテムは、AneCan10月号に掲載しています。
今っぽいアイメーク、秋ファッションと合わせて、ぜひ試してみてくださいね。


<AneCan10月号(2015年9月7日発売)> 『アイメーク、今っぽバランスはこのくらい!』より

【関連記事】
この秋、「なりたい顔」とは? ぐっとアカ抜ける2つの旬顔

「今っぽい」顔の神!早坂香須子さんが、押切もえを変える!?



Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。