1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 春は過酷なんです!「ゆらぎ肌」を救うレスキューコスメ厳選6つ

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【ビューティ】 2016:02:05:06:30:00
  • AneCan本誌
  • ビューティ
Check



寒さから解放される春。穏やかな陽気に誘われて、外出も楽しくなります。

が! そんな春だからこそ、お肌にとっては過酷な環境なのだとか。

花粉・PM2.5・強風・気温の変化・紫外線・・・肌にとって天敵ばかりなのです。そこで、生活環境でゆらぐ肌を救ってくれるレスキューアイテムをご紹介します。

■大気汚染から肌を守る!

今後増えることはあっても減ることはないと予想される大気汚染。
スキンケアは外側と内側両方から対策を練る必要があるといえそうです。ひとつは、大気汚染を含む外的要因に着目したプロテクターで肌に一枚ヴェールをかけてあげること。もうひとつは大気汚染などによる色素沈着を防ぐハイテク美容液で肌の内側から対抗すること。このWケアがあれば春一番の日の外出も怖くないはずです。


1602skin1.jpg

写真右)大気汚染物質などが要因で起こる過剰な色素沈着に着目。肌の色ムラを均一に整えます。クリニーク イーブン ベター ダブル ブライト セラム 50ml ¥13,500(2月19日発売)

写真左)PM2.5などを含む大気中物質や乾燥、紫外線といった外的要因から肌をプロテクト。ラロッシュ ポゼ UVイデア XLプロテクション BB 01 30ml¥3,400(3月19日発売)



■ブルーライトも強敵だった!


紫外線よりも肌の色素沈着が強力とされるブルーライト。スマホやPC、テレビに加えてLEDの普及に伴い照明にも使用され、現代人にとってはもはや自宅にいても気が抜けない状況です。そんな過酷な肌を救うのが多機能プロテクター。紫外線やブルーライトによる色素沈着を防ぐだけでなく、色ムラやくすみをカバーするメーク効果もある便利アイテムに注目です。


1602skin2.jpg

写真右)ブルーライト、紫外線、大気汚染から華麗に肌を守る最先端プロテクター。日本女性の肌にマッチする4色展開。ランコム UV エクスペール XL CCC03 SPF50・PA++++ 30ml ¥5,800(2月17日発売

写真左)美白効果とエイジング効果を搭載。パルファン クリスチャン ディオール プレステージ ホワイト コレクション ル プロテクター UVSPF50+・PA++++ 30ml ¥12,500(2月26日発売)




■「優しく&きちんと落とす」が大切!


肌をとりまく環境は過酷さを極めますが、外的要因から肌を守る一番のケアはきちんと汚れを落とすことです。毎日のクレンジングでメークはもちろん、花粉などの細かな汚れを一掃することが健やかな肌を保つ第一歩。春はいつもより肌が敏感になっている人も多いので、クリームやリキッドタイプなど肌を労りながらきちんと汚れを落とす優秀クレンジングで〝優しくお掃除〟を心がけましょう。



1602skin3.jpg

写真右)クリームからオイル状に変化し、肌を守りながら毛穴の奥の汚れまでしっかりオフ。コスメデコルテ フィトチューン ソフニング クレンズ 125g¥3,500

写真左)濡れた手でも使えるオイルフリーのリキッドタイプ。マツエクもOK。アルビオン エクサージュ クリアリィ クレンジングエッセンス 200ml ¥3,000(3月18日発売)


普段からスキンケアも頑張っているし、人並み以上に気を使っているのに、肌が突然乾燥したり化粧
ノリが悪かったり肌の調子がイマイチ。原因不明のゆらぎ肌に悩む読者の声を多く耳にします。



AneCan3月号(2016年2月5日発売)『Around30歳の"ゆらぎ肌"を救う! スキンケア相談室』では、生活環境や年齢による"ゆらぎ肌"について皮膚科医・友利 新先生に取材。

スキンケアのコツや、いつものケアに足すべき信頼コスメをご紹介しています。



1602skin4.jpg


【関連記事】

AneCan2月号(2016年1月7日発売)
ためし読み 電子版 雑誌

簡単だから試したい! すごい「ソンバーユ」活用術3つ


マストバイ!春の新作コスメ、注目3大トピックス


話題の「糖質オフダイエット」無理なく続ける3つのコツ


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した動画 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。