1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 出産をきっかけに週2勤務に。仕事もプライベートも120%充実ママ 【今どきワーキングママの実態vol.2】

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【AneLADY】 2016:05:25:20:17:28
  • AneLADY
  • プレママ・ママ
Check



今どきのママって、どんな日常を送っているの? 
仕事と子育ての両立は、どのようにしているの? 

そんな気になるママライフを、ひも解いていく本シリーズ。
一児の母である筆者・宮森渚朝が、30歳前後のワーキングママのリアルな生活に迫ります。

第2回にご登場いただくのは、ライフスタイルに合わせてお仕事をスローダウン、現在週2回のパートタイマーとして不動産会社にお勤めの小貫七奈さん(31歳・3歳の男の子ママ)です。


workingmama_vol2_1_2.jpg


■ 結婚や子育てに合わせて、柔軟にお仕事をスローダウンされてきた小貫さん。まずは大学卒業後の最初のお仕事について教えてください!

都内の女子大を卒業後、大手不動産会社に一般職で入社しました。プライベートもしっかり楽しみたかったので、最初から一般職を希望していたんです(笑)。

けど、不景気で就職氷河期だったこともあり、一般職の採用は少なくて...。就職活動は本当に大変でした。家族の薦めで大手企業ばかりを受験していたのですが、ことごとく不採用。
けれど最終的には1番入りたかった会社に採用していただけたので、諦めずに頑張ってよかったと思っています。


workingmama_vol2_2.jpg


会社では一般職の正社員が数十年ぶりだったため、上司からもとても大切にしていただきました。主な仕事はデータ作成などの事務なのですが、お茶出しやコピー取りなどもやりました。パソコンが苦手なので、そういう仕事の方が楽しいんです。

残業もそれほど多くなく、アフター5は上司からよく飲みに誘ってもらって。
お寿司とか、お肉とか。なんでこんなにおいしい店知ってるのー!? って、いつも驚いてました。
おすすめですか? 広尾の焼き肉屋さん!! 「きらく亭」というお店なのですが、タン塩にあふれんばかりのネギがのっていて、それはもうおいしいんですよー。

ほかにも、女子会をしたり、お料理教室に通ったり。パートナーがいないころから花嫁修業もかねて。得意料理は、定番ですが肉じゃが、かな?


■ 楽しくお仕事されていたのがよくわかります。
最初のスローダウンはどんなタイミングで?

結婚がきっかけでした。主人とは社内で出会い、私が26歳のときに結婚。社内結婚だったので、私が部署を異動することに。親会社から子会社への異動だったので、最初は複雑な気持ちもありました...。
周りの目も気になったし、就職活動頑張ったのに...って。けれど、ふたを開けてみたら新しい部署は結婚後のライフスタイルに合っていて、すごく働きやすかったんです。

事務以外にもイベントのMCや外回りの営業も経験させていただいて。異動させてもらってよかったと思っています。


workingmama_vol2_3.jpg


■ その後、お子さんを妊娠されたんですよね?

はい、28歳で第一子を授かりまして。産休・育休を取得し、息子が1歳3か月になったころに職場復帰しました。同じ部署に復帰できたものの...パソコンを触ること自体も久しぶりで、しかも業務内容もほぼ忘れ、かなりの浦島太郎状態でした。

けれど、周りの方に支えてもらったり、主婦目線が活かせるデータを扱うお仕事を任せてもらったり。本当に楽しくお仕事をさせていただきました。

けれど...息子が2歳半になったころに、もっと息子と一緒にいる時間をもちたい、と思うことが多くなり、会社を辞める決意をしました。

workingmama_vol2_4.jpg


■ 素敵な職場を去ることに、ためらいはありませんでしたか?

もちろんありました! だけど、息子が「ママ、ママー」と言ってきてくれるのは今しかない、と考えたらもっと一緒にいてあげたいという思いが強くなったんです。保育園のお見送りのときも人一倍大泣きしていて、その度に自分の胸も痛くなりました。「子どもが小さいうちから預けて働くなんてかわいそう」と言われたことも、一度や二度じゃありませんでしたし...。

結局、一時的に退職したものの、週2回・4時間のパートタイマーとして元の職場に戻ることができて。この勤務体系なら息子との時間もしっかり取れるし、自分がいち社会人としていられる、社会に出て適度にリフレッシュできる、理想的な形に落ち着けたと思っています。


■ 結婚や子育てなどのライフステージの変化に合わせてお仕事をセーブしてきたことについて、どのように考えていますか?

フルタイムで働いていたときは、まるで余裕がなくて。自分の疲れから息子にあたってしまうこともありました。私は不器用でおおざっぱな性格なので、両立しようとしてもうまくできなかったと思うし、今家族3人笑顔でいられるのは、スローダウンという決断があったからだと思うので、私の場合はこれで正解だったと思っています。

workingmama_vol2_5.jpg


■ そのことについて家族の理解は?

週5日勤務のときは、家の掃除がおろそかになってしまって、夫から叱られたことも幾度となくありましたが...今はお仕事のない日にこまめに掃除ができるので、きっと夫も今の私の働きかたには満足していると思います。現在の働きかたが許されるのも、夫が一生懸命頑張ってくれているおかげなので、本当に感謝しています。

夫が激務であまり頼れないぶん、実家の家族がサポートしてくれるのがとてもありがたいです。特に妹は本当に息子をかわいがってくれて。30歳を過ぎた今でも家族がとても仲がいいのが自慢です♡


workingmama_vol2_6.jpg


■ お仕事をセーブしたことでの、メリットやデメリットがあれば教えてください。

メリットはやっぱり息子と過ごす時間が増えたことがいちばん。ちょうど幼稚園のお受験のタイミングでもあったので、その辺りもしっかりサポートできたのがよかったです。保育園にも本当にお世話になりましたが、私が幼いころ、幼稚園に通ってすごく楽しかった思い出がいっぱいあるので、息子も幼稚園に入れたくて。ずっと憧れていた幼稚園への入園が決まったときは、本当にうれしかったです。ほかにも、友人や実家の家族とゆっくり会う時間ができたのがよかったな、と感じています。

後悔したのは、収入面(笑)。月に10万円は変わったので、自分のお小遣いが減りました...。もともとお洋服はプチプラ中心、美容にもそれほどお金をかけないほうですが、食費などでうまくやりくりして。お料理教室で学んだことが、今役立っています。


workingmama_vol2_7.jpg


■ 小貫七奈さんのある日の1日スケジュール

6:00 起床
   朝食&お弁当作り・朝ごはん・掃除洗濯などの家事

9:00 息子を幼稚園へ送る

9:30 仕事開始

13:00 仕事終了

14:00 幼稚園お迎え

15:00 習いごと

17:00 夕食作り

18:00 息子と夕食

19:00 息子とお風呂・お風呂後寝かしつけ

20:00 息子就寝・その後自由時間♡
    撮りためたドラマ鑑賞が楽しい! 
    お裁縫や翌日の幼稚園準備もこの時間に

23:30 就寝


■ どんな形態でのお仕事でも手を抜かずにしっかり頑張り、そして笑顔で楽しむ、そしてプライベートも120%充実した小貫さんのライフスタイル、とても素敵です。

では、ここからはちょっとAneCan的な質問を...
小貫さんといえば、いつでもピンヒールでさっそうと歩く姿が印象的です。
出産前と後で、ファッションについては変化しましたか?


抱っこひもをしていた時期もヒールを履き、ディズニーランドに行ってもヒールを履き。ヒールは私にとっての相棒です! というかぺたんこ靴のほうが、疲れるんです。母であっても、いつまでも女性らしくいたいという思いもあります。

愛用のブランドは今も昔も、GUやZARAを愛用しています。子どもがいるから...とファッションを制限せず、自分のしたいファッションを楽しんでいます。


workingmama_vol2_8.jpg


■ 美容面についてはどうでしょう? 
実は区民プールに足しげく通っているというウワサを聞きました...。

水の中にいるときが唯一「無」になれる時間なので、プールは大好きです。おじいちゃんおばあちゃんに混じって、水中ウォークをしたり、クロールで25mを何往復もしたり。育児と仕事のリフレッシュにもなる大切なひとときです。


息子も幼稚園に入り、以前よりも自分の時間を増やせそうなので、プール以外に大好きなダンスも習いたいと思っています。

■ ちなみにヘアサロンはどちらに?

ヘアサロンはひとつに絞っておらず、いろいろなところに行っています。Joemi by Un amiの花野未帆さん、Tierraの毛利仁美さん、Ramieの加藤貴大さん、ABBEYの菊地佑太さんにお世話になっています。最近は、くせ毛なのでアップスタイルが楽しめるロング。明るめのカラーが好きです。


workingmama_vol2_9.jpg


■ 話は飛びますが...出産前にしておいてよかったこと、しておけばよかったことなどありますか?

定番ですが、映画や外食はゆっくり行けなくなるので、たくさん行っておいてください! 私の場合は乳腺炎になりやすい体質だったので、脂っこいものはもちろん、乳製品や洋菓子はすべて食べられませんでした。なので、食べたい物はとことん食べること! をお薦めします。


■ 最後に一言おねがいします!

結婚・出産が人生のゴールではなくて、日々いろんなドラマがあって...特に子どもを産むと、余計に周りと比べてしまったり、何を言われているのか気になったりするものですが、自分は自分、他人は他人。これから結婚・出産を迎える方には特に、自分が思うように、後悔のないように、柔軟にライフスタイルを選んでいただければと思います。

そして子どもがいながらお仕事をするのは、周りの理解があってこそ。当たり前の環境ではないことを常に意識して、感謝の気持ちを忘れずにいたいです。たとえお仕事に行き詰まっても、「私には息子がいる! 」と思うことで肩の力を抜いてリラックスできるので...これからも仕事にも、育児にも励んでいきたいです!


workingmama_vol2_10.jpg

■今日はどうもありがとうございました!


AneLADY100 宮森渚朝


【関連記事】

汗ばむ季節も怖くない! Debut de Fiore & LAISSE PASSEの洗えるアイテム徹底レポート

ママ目線で展示会レポート! Chestyがママにも人気なワケ

産後の夫との不仲を乗り越えて...変化を楽しむインテリママ【今どきワーキングママの実態vol.1】



Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。