1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 気になる!人気読モがお風呂でしていること。

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【AneLADY】 2015:04:16:20:24:10
  • AneLADY
Check

残業で帰りが遅くなってしまったり、疲れていたり・・・そんな日はとりあえずシャワーだけで、なんてことありますよね。

筆者の私、森咲子(法律事務所勤務・30歳)もそんなひとりでした。
が!
「どんなに忙しくても疲れていても湯船に浸かるようにしています」―この言葉を聞いてから、お風呂習慣を見直した次第。
これはAneCan専属モデル高垣麗子さんの言葉。AneCanイベントのトークショーで、キレイを保つ美の習慣について、語っていたときのものです。

この言葉を聞いてからというもの、「バスタイムは1日をリセットする大事な時間、適当に済ませてしまってはもったいない!」とあれこれ工夫するようになりました。

ところで、みんなはどんなバスタイムを過ごしているのでしょうか。
バスタイムに特にこだわりのあるAneLADY100のおふたりに、バスタイム美容を紹介してもらいました。
さっそくマネしたいアイディアが次から次へと。ぜひ参考にしてみてくださいね。

望月結花さん(不動産関連会社勤務・27歳)

2015.4mori01.JPG

仕事の日は帰りが遅くなることが多い私。でもバスタイムは譲れない!
そんな私のバスタイムは、「短い時間でリラックス&保湿をする」がテーマです。

 2015.4mori02.JPG

短い時間でもリラックスできるようにキャンドルを灯して、バスソルトを入れて入浴します。先日『メディカルハーブ検定』に合格し、ハーブの基礎知識を身につけたので、湯船には自分でブレンドしたハーブのバスソルトを入れています。
憧れのエビちゃんの本、『きれいになるハーブ』でも紹介されていて、自分で作ってみたんです。

 2015.4mori03.jpg

最近は、少し疲れているので、安眠効果が高く自律神経を整えてくれる『ラベンダー』と美肌効果の高い『ローズヒップ』をブレンドしたバスソルトを作りました。

2015.4mori04.JPG

スキンケアは、時短にもなるので、湯船でしちゃってます。
シートタイプのパックは毎日欠かさずに。プチプラブランドのものや韓国で購入したものなど、色々と集めています。

乾燥がひどいときや大事な予定がある日の前日は、スペシャルケアを。
パックの上からラップをして美容液をより肌に浸透させるようにしています。


2015.4mori05.JPG

ボディケアは、プラチナ電子ローラーの『ReFa(リファ)』でリンパの流れを促進し、肌の巡りを整えます。コロコロ転がすだけなので、手軽にできオススメです。

バスタイムは毎日のことなので、続けられる範囲のことだけにするようにしています。1日のリセットをする大事な時間なので、リラックスできるように工夫して今のスタイルに辿りつきました。


お仕事が忙しい望月さんならではの時短美容がつまったバスタイムです。
いま注目のハーブセラピスト検定にも合格し、シーンによってブレンドを変えたりとハーバルライフを楽しんでいる姿は憧れます。今度おすすめのブレンドをぜひ教えてもらいたい!




 2015.4mori06.jpg

バスタイムは、少しの時間でも美容のために半身浴をするようにしています。最近、念願の防水用のタブレットを購入!テレビやネットを見ながらだと、半身浴の時間もあっという間にすぎていきます。

2015.4mori07.JPG 

2015.4mori08.JPG


ついつい時間が経つのを忘れてしまう半身浴。水分補給も忘れずにしています。内臓脂肪の燃焼や腸内環境を整える効果があるという水素水を飲んで、水分をしっかり取ることを心がけています。

 2015.4mori09.JPG

ボディウォッシュとスクラブは、気分に合わせて2種類を使い分けます。愛用しているのは、JILL STUART(ジルスチュアート)とlaura mercier(ローラメルシエ)。それぞれ香りも使用感も異なるので、マンネリになりがちなバスタイムにメリハリをつけています。


看護師というだけあって、体の中からキレイになることを心がけている原さん。
読書をしたりの、「ながら半身浴」はうっかりのぼせてしまうこともあるので、水分補給が大切。水素水、興味津々です。



2015.4mori10.jpg

バスタイムでは、パーツケアを欠かさずにしています。アイテム選びは、香りもポイント! お気に入りの香りに包まれながら、ケアをしています。

 2015.4mori11.jpg

最近のお気に入りは『SABON(サボン)』のボディスクラブ。Musk(ムスク)の香りが好きすぎて毎日使いたいところをですが、週1で足の裏、ひじ、ひざ等をケアしています。

 2015.4mori12.jpg

また、毎日ヒールを履いているので、フットケアはこまめにしています。湯船で足首を回したり、足全体のマッサージをしたり。さらに、やすりで月2~3回、足裏の角質を除去しています。これで、サンダルの季節も準備万端です!

 2015.4mori13.jpg

毎日しているケアは、オイルを使っての保湿。バスルーム内では毛穴が開いているので、オイルの浸透が良く、乾燥している肌に塗るより効果的なんです。また、濡れている肌にはオイルが良く伸びるので、少量で全身の保湿ができます。時間の短縮にもなるので、一石二鳥的な欠かせないプロセス。
今使用しているものは、『WELEDA(ヴェレダ)』のホワイトバーチボディオイルです。

バスルーム全体を香りいっぱいにしてリラックスしたいときに、要となるのが入浴剤。
季節や気分に合わせて、さまざまな種類をストックしています。どれにしようかなって選ぶ時間も楽しかったり。

新商品情報をリサーチしているなかで、気になったのが、 L'Occitane(ロクシタン)の『ピオニー バスオイル』。
次に買うべく、狙っています。

 2015.4mori14.jpg
『ピオニー バスオイル』
250ml 3,500円(税込3,780円)

2層のピンクのバスオイル。オイルをシェイクしてお湯にそそぐと、乳白色に色づいたお湯に変化するのだそう。
オイルタイプは、肌にうるおいを与えてくれるので、大好きです。

ピオニーは、はじらいを持った可憐で優しい女性を表現するお花。
L'Occitane(ロクシタン)の『ピオニー バスオイル』は、そんなピオニーのスウィートでロマンティックな香りがバスルームいっぱいに広がるというから、理想のバスタイムになりそうです。

お気に入りのアイテムで、バスタイムの質を上げる美習慣、続けていきたいものですね。


 2015.4mori15.JPG

<執筆者より>
新年度が始まりました。私の職場は4月から体制が少し変わる予定です。どんな変化であっても、変化というものは少なからず気分に影響を与えるものです。そんな毎日をリセットするために、今まで以上にバスタイムに注目したいと思っています。ロクシタンを始め、春を感じさせる香りのバスコスメを早速チェックして、より充実したバスタイムを過ごしたいです。


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。