1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. マイナス27℃での実況中継に挑んだテレビキャスターの育児と私生活【AneLADY100を訪ねて Vol.10】

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【AneLADY】 2016:04:29:14:38:01
  • AneLADY
  • プレママ・ママ
Check



AneCanの読者代表集団「AneLADY100」に所属する一般女性が今、何に悩み、どう日々を生きているのか? 赤裸々なプライベートを根掘り葉掘りインタビューするシリーズ「AneLADY100を訪ねて」。
10回目の今回は、元テレビキャスターで現在は一児の母である伊藤花のこさんに、自身もママである筆者・宮森渚朝がインタビューをしてきました。



1604kanoko1.png



伊藤花のこ(いとう かのこ)さん・マスコミ勤務・30歳・1歳の女の子ママ
インタビュー日時:3月某日、都内ホテルのアフタヌーンティー会場にて



■とってもかわいらしく、知的な雰囲気の伊藤花のこさん。
AneLADY100に加わる前はキャスターをされていたって、本当ですか?

はい、大学を卒業してから結婚するまでの約5年間、北海道の地方局でキャスターとして働いていました。いわゆる東京のアナウンサーとはちょっと違って...ニュースの企画を考えて、取材先のアポイントを取って、取材をして...時には自分でカメラを回したり、パソコンを使って編集したりして番組を作ったことも。人前に出るアナウンサーとしての仕事だけでなく、放送に関わることはなんでもやりました。常に企画のネタを考えていて、本当にがむしゃらに働いていました。



1604kanoko2.jpg

■ ほんわかした印象とは違う一面で驚きました。カッコいいですね!
特に印象に残っているお仕事はありますか?

真冬のスケートリンクの上から中継したことがあるのですが、その日はマイナス27度! その冬一番の寒さだったんです。寒すぎてまつげは凍るし、うまく話せないし...本当に大変だったけれど、自分の吐く息がダイヤモンドダストになって綺麗だったなぁ...なんて。今では懐かしい思い出です。



地方局で働いたことで、東京では出会えなかった人と出会えたことがいちばんの宝物でしょうか。農家さんに取材させていただく機会が多く、東京に住んでいるとなかなか触れることのできない、作り手の気持ちに触れることができました。お休みの日には農業体験会のお仕事をさせてもらったり、プライベートでもお付き合いさせてもらったり。
とある農家さんは毎朝何十ヘクタールもある広大な畑を回りながら、野菜たちに「おはよう」と挨拶しているんです。そういう気持ちに触れると、スーパーに並んでいるお野菜を見る目も変わりました。東京で暮らす今でも、北海道のお野菜や乳製品をついつい選んで買ってしまいます。

1604kanoko3.jpg



■ 東京に来てからも、マスコミ関係のお仕事をされているんですよね?

はい、東京でも同じ系列局で事務のお仕事をしてきました。報道番組を裏から支える仕事で、事務や経理が中心です。キャスターのお仕事は大好きだったので、寂しい気持ちがないわけではないですが、職種を替えてからプライベートを充実させる余裕もできました。また、キャスターとしてがむしゃらに働いている時には気づかなかった、縁の下の力持ちの存在の大切さを実感するきっかけにもなりました。
今はまだ娘が小さいのでフルタイムでの復帰はまだ先になりそうですが、職場の方の紹介で週に1〜2回ブライダル系のイベントのお手伝いの仕事をしています。もともと働くのは好きなので、すごく楽しいです。ママとしての自分とは切り離した時間を持ってリフレッシュすることで、育児にもプラスになっていると感じます。

■ 少し育児についてもうかがいたいのですが...4月末でお子様が1歳のお誕生日を迎えたそうですね、おめでとうございます!

ありがとうございます。結婚して3年目に授かった娘で、出産してからの1年間、大変なこともあったけれど、本当にかわいくて...毎日がとても幸せです。



1604kanko4.jpg



■ 大変なこと...といいますと?


月齢の小さいころは本当によく泣くし、あまり寝ない子だったんです。新生児訪問の助産師さんからも「こんなに泣く子は見たことがない」「育てにくい子」とまで言われてしまって。ママ友の話しを聞いても、みんないい子ばかりで、周りと比べてしまってつらい時期もありました。

■ うちの子も同じタイプなので、お気持ちよくわかります(泣)。
そんなつらい時期、どのように乗り越えたんですか?

主人や母に話を聞いてもらったり、実際に助けてもらったりしました。生後6か月を過ぎ、自分で動けるようになったころから、少しずつ泣く時間が減って笑顔が増えてきて...育児が楽しいと感じられるようになりました。よく動く活発な娘なので、今思うと退屈で泣いていたのかな(笑)。



1604kanoko4.jpg


■ 本当に笑顔がかわいいですね。そんな娘さんと普段は何をして過ごしていますか?

最近は、赤ちゃん向けのコンサートによく遊びにいっています。地元の児童館や子育てカフェなどでよく開催されているのですが、インターネットで情報を調べて、いろいろな場所に出かけています。娘は音楽が好きなようで、コンサートでは手拍子をしてご機嫌で聴いています。あとは地元の子育て支援センターに行ったり、公園に出かけたりしています。最近のお気に入りは井の頭公園です。昔から好きで、主人とふたりでもよく出かけていた井の頭公園に、娘ともお出かけできるのがうれしいです。



■ 旦那様のお話が出たので訊いちゃいますが...
旦那様とのなれそめを教えてください!


キャスターとして働いていたころに、仕事を通じて出会いました。困っていたときに助けてくれたのがきっかけで。

最初は「男らしい人だなぁ」というくらいの印象で、あまり意識はしていなかったのですが、毎週末、食事に誘ってくれるようになったんです。流れている時間のテンポが同じ、とよく人に言われるのですが、一緒にいる時間が楽しくて。お誕生日が1日違いだったり、お互いの地元が近かったり。偶然共通の知り合いがいることも判明し、運命的なものを感じていたのですが...3か月以上食事とドライブだけの関係が続いて(笑)。このままずっと友達なのかな...と思いはじめたころに、ちゃんと告白してくれました。


主人はとても穏やかで優しい性格で...交際中も特に喧嘩をすることもなかったですし、早い段階から「結婚を前提に」と言ってくれていたので、結婚のことはずっと意識していました。


1604kanko5.jpg


■ なんだかほんわかして素敵なお話ですねぇ...
そこから結婚に至ったきっかけは?


交際して1年ほどたったころ、彼が転勤で東京に行くことに。その後しばらくして、私がのどを壊してしまい、キャスターの仕事を続けられなくなってしまったんです。キャスターになることがずっと夢だったので辛かったし、この先どうすればいいのかすごく悩みました。そんな時に支えになってくれたのが、今の主人でした。「どんな道を選んでも、支えるし応援するよ」と言ってくれたのがうれしかったです。結果的に私も地元の東京に戻ることになり、交際2年で結婚することになりました。



■ 旦那様の包みこむような大きな愛を感じます...
結婚後の関係はいかがですか?



結婚してはじめて一緒に暮らしはじめたのですが、とくに交際中とのギャップもなく、仲よく穏やかに暮らしています。娘が生まれてからも、仕事が休みの日には私がリフレッシュできるようにひとりで娘のお世話を全部してくれるのが本当にありがたいです。



1604kanoko5.jpg


■ 出産後も旦那様との関係を良好にたもつ秘訣はなんでしょう?



特別なことをしているわけではないのですが、「ありがとう、ごめんなさい、助かります、きょうも素敵だね」など、気持ちを言葉に出して伝えるようにはしています。出産してからはふたりでのデートがなかなかできなくなってしまったので、出産前にいろいろお出かけしておいてよかったです。



■ 旦那様とのお出かけで楽しかった思い出を教えてください!


新婚旅行のタヒチ! それから結婚後にでかけたフランスと、ベルギーも素敵な思い出です。主人も私も『タンタンの大冒険』というベルギーの漫画が大好きなのですが、タンタンの絵がたくさん展示されているブリュッセルの漫画博物館に一緒に行けたこともすごく楽しかったです。
あとは、ふたりともお散歩が大好きなので、お休みのたびに都内などをあちこちお散歩していました。裏道探検をしたり、おいしいものを食べ歩きしたり...何気ないことですが、すべてが楽しい思い出です。

1604kanoko6.jpg


■ ほかに、出産前にしておいてよかったことはありますか?

メディカルハーブの資格を取ったことです。高校生のころからハーブが好きでずっと興味があったのですが、大好きな蛯原友里さんがハーバルセラピストの資格を取ったことを知り、同じ協会のメディカルハーブコーディネーターの資格を取りました。妊娠8か月で仕事をお休みしてから約1か月間、猛勉強しました。いまは娘のことで手がいっぱいで勉強をする時間もありませんが、いつか自分の時間が持てるようになったら蛯原友里さんと同じハーバルセラピストの試験にもチャレンジできたらいいな、と思います。

■ メディカルハーブの資格、とっても素敵ですね!

妊娠中や産後におすすめのハーブティーがあればぜひ教えてください。

妊娠中にはカモミールがおすすめです。胃を健やかにする作用があるので、気持ち悪い時にスッキリさせてくれたり、リラックスして安眠できたり、万能なハーブ。私はホットミルクティーにして寝る前に飲んでいました。


産後におすすめなのは、ダンデライオン、いわゆるタンポポコーヒーです。ダンデライオンは母乳の分泌を促す効果があるんです。私も出産してすぐに飲みはじめて、そのおかげかどうかはわかりませんが、母乳育児をがんばることができました。

最近、育児でちょっと疲れたな、というときに飲むのがマロウブルー。青い色のハーブティーなのですが、リラックス効果があり、疲れ目にもよく効きます。妊婦さんでも安心して飲めますよ。



1604kanoko9.png



■ 参考にします!
ほかに趣味などはありますか?

お花が好きで、結婚してからずっとお花の教室に通っています。最初は素人だったのですが、最終的には日本フラワーデザイナー検定の1級に合格しました。今はもうお教室には通えませんが、自宅でお花を生けるなどして楽しんでいます。



最近はまっているのが大河ドラマ! 『真田丸』にはまって、毎週日曜日がすごく楽しみです。再放送も観てますし、録画も何度も観返しています(笑)。



■ 好きなファッションについても教えていただけますか?


出産前は、リボンや花柄が大好きで、甘めなファッションが中心。ガーリーなワンピースが定番でした。
産後は、動きやすさを重視した結果、パンツスタイルが中心になりましたね。BARNYARDSTORMやZARAなどでお洋服を買っています。参考にしているのは篠原涼子さん。去年放送されていたドラマ『オトナ女子』のファッションが大好きだったんです。カジュアル一辺倒にならないように、「オトナ女子」な着こなしをすることが目標です。

1604kanoko10.png



■ ヘアスタイルについてはいかがでしょう?


サロンは出産前からかわらず、P-COTTにお世話になっています。スタイリストは白倉和則さんです。以前はロングヘアで巻き髪にしていて、前髪カットやトリートメントなどでもちょこちょことお邪魔していたのですが、出産後は3か月に1回くらい。ボブにばっさりカットして、カラーも根元が目立たないよう暗めにしました。



■ ボブもとてもよくお似合いです!
美容へのこだわりについても教えてください。

出産前はブースターからじっくり肌を整えていたのですが、最近は時短が重要なので、イプサのメタボライザーを愛用しています。1本でケアができるのでとても楽ちんです。あとは肌の調子が悪いときには皮膚科で処方してもらうヒルドイドローションやクリームも使っています。娘も同じクリームを使っているので、お風呂上がりに娘と一緒にぬりぬりしてケアできるのがうれしいです。


■ インタビューも終盤ですが、ママになっても美を保つ秘けつを教えてください!

美だなんて、とんでもない!!
自分の時間が少しでも取れたときには、頭をからっぽにしておいしい物を食べたり、本を読んだり。お友達に会ったりしてストレスを溜めないようにしています。

1604kanoko11.jpg



■ 最後に今後の抱負をお願いします。


家庭を大切にすることはもちろん、仕事ももっと充実させていきたいと思っています。今、少しだけブライダルのお仕事に関わっているのですが、実は昔から興味がある分野だったのですごく楽しくて。お花の資格も活かせるかな、という思いもあり、魅力を感じています。大げさですがこれからも、ママとしてだけでなく、ひとりの女性としても輝けるように頑張りたいです。



■今日はどうもありがとうございました!

AneLADY100 宮森渚朝


【関連記事】

今どきワーキングママの実態 vol.1

25歳〜32歳の一般女性9人の私生活まとめ

1604kanoko.jpg

Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。