1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. Final撮影の裏側公開♡ 私たちのAneCan愛は永遠に不滅です【AneLADY100】

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【AneLADY】 2016:11:22:17:50:40
  • AneLADY
Check



雑誌『AneCan愛読者であり、恋にも仕事にも一生懸命、トレンドに敏感でオシャレが大好きな20〜30代の女性で構成された読者モデル集団AneLADY100

11月7日に発売されたAneCan最終号では、結婚式の二次会ファッションというテーマで、パーティドレスに身を包んだ55名ものAneLADYたちの、華やかな集合スナップが掲載中です!

AneCanブランドとAneLADY100は今後も継続しますが、紙の雑誌という形では休刊というひとつの節目を迎えるAneCan。

そんなAneCanへの、AneLADY100メンバーからの愛のメッセージを、本誌12月号に掲載されたAneLADY100集合スナップの裏側ショットとともにご紹介します。



■ 北 真実さん・32歳・化粧品会社勤務


「AneLADY1期生としてはじめて撮影に参加した2012年、みんなのキラキラに圧倒され、自分が恥ずかしくて家に帰りたくなりました。でも、だんだんお友達ができて、毎回の撮影が楽しみになって...いつもみんなのパワーから刺激と元気をもらっています!こんな素敵な出会いをくれたAneCanに、心から感謝しています」

1611anelady100_01.jpg



■ 山川恵美さん・33歳・マネジメント会社勤務

「25歳から8年間も携わらせていただいたAneCan。最後の集合撮影では、みんなとこうやって集まることはもうないんだ...と寂しくなり、今までの思い出がよみがえってジーンときました。AneCan休刊はまだ信じられませんが、たくさんの素敵な出会いと経験をありがとうございました」

1611anelady100_02.jpg



■ 吉濱紗由香さん・34歳・法律事務所勤務

「AneCanが創刊されてからずっと、私のファッションの基盤はAneCanでした。華やかで唯一無二の存在のAneCanが休刊してしまうのは本当に残念ですが、素敵な経験と出会いをくれたAneCanには感謝の気持ちでいっぱいです! ありがとう!」

1611anelady100_03.jpg



■ 香道実華さん・33歳・料理教室主宰

「創刊当初から毎月すみずみまで愛読していたAneCan。AneLADYになり、誌面に関われた日々はまさに夢のようでした。たくさんの経験、大切な出会い...感謝してもしつくせません。最後の撮影でも想いがこみ上げてきました。AneCan大好き!! 」

1611anelady100_04.jpg



■ 伊藤花のこさん・30歳・マスコミ勤務

「5年前、奇跡的にAneLADYメンバーになることができ、撮影やイベントなどたくさん参加させていただきました。優しくて、明るくて、きれいなAneLADYのみんなとの出会いや、貴重な経験、そしてオシャレの教科書になってくれたAneCan。『ありがとう』の言葉では言い表せないくらい感謝しています」

1611anelady100_05.jpg



■ 長島真衣さん・31歳・プリザーブドフラワーアレンジメント講師

「創刊当時、まだ学生だった私はちょっと背伸びをして、もえちゃんが表紙のAneCanを手に取り、大人なコンサバスタイルを一生懸命まねしていました。この10年で、AneCanはファッション誌という枠を超えて、私のライフスタイルまでもキラキラとしたものに変えてくれました。大好きなAneCan...休刊は寂しいけれど、また新しいカタチで私たちの身近な存在であり続けてくれることを祈っています。10年間ありがとう♡」

1611anelady100_main.jpg



■ 丸茂由芙子さん・28歳・会社受付

「最終号の撮影はとても寂しく感じていましたが、キラキラしたみんなを前にいつの間にか楽しさのほうが上まわっていました。AneCanに繋いでもらったからこそある現在に感謝して、これからも置かれた場所でより一層頑張ろうとパワーをもらえました!」

1611anelady100_07.jpg



■ 宮森渚朝さん・33歳・ベビーマッサージ講師

「創刊から10年、私は23歳から33歳になりました。就職して、恋をして、結婚して、転職をして、ママになって...激動の10年間、どんなときでもHAPPY&ACTIVEでいられるように道を照らしてくれたのがAneCanでした。最後のシャッターがおりた瞬間は涙をこらえることができず...休刊は寂しいけれど、これからもAneCanは私の人生のバイブルです」

1611anelady100_08.jpg



■ AneCanはネクストステージへ!


1611anelady100_09.jpg



今でこそ、30歳を過ぎても自分らしく輝ける環境は整いつつありますが、10年前はまだ「25歳を過ぎたら売れ残り」と言われた時代。

そんな中で創刊されたAneCanのコンセプトは、「25歳を過ぎても自分らしく輝きたい」「恋も仕事も一生懸命」でした。


結婚していてもしていなくても、子どもがいてもいなくても。ひとりの女性として恋も仕事もオシャレも、ぜんぶ一生懸命でいこう!! という生き方はAneCanを通じて世に広まったのではないでしょうか。

まさに、ファッション誌の枠を超えて時代を変えてきたAneCan。時代の流れとともに紙の雑誌としては休刊という節目を迎えることとなりました。

ですが、今後もAneCanブランドと読者ユニットAneLADY100は解散せず、活動を継続します!

AneCan.TVでは、引き続きHAPPY&ACTIVEなライフスタイルを応援する情報をお届けしていきます。今後ともよろしくお願いします!


【関連情報】

AneLADY100

今どき「きれいめ女子」ってこういうこと!AneCan読者の「リアル」


【おすすめ記事】

出産と転職のタイミングが戦略的なママの話【今どきワーキングママの実態vol.3】

●●ひとつで華やか度UP!パーティヘアアレンジ厳選6つ

Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した動画 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。