1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. 初対面からピンときた!運命の出会いと結婚...ママになってもキュートな愛されLADYの話【AneLADY100を訪ねてVol.12】

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【AneLADY】 2016:09:23:17:30:33
  • AneLADY
  • プレママ・ママ
  • ライフスタイル
Check


雑誌「AneCan」の愛読者で構成された100人超の読者モデル集団、AneLADY100。20代~30代の、仕事にも人的交流にも活発な一般女性で構成されています。


そんな彼女たちが普段どんなことを考え、何に打ち込み、どう失敗し、将来をどう考えているのか?をていねいにひも解くインタビュー企画「AneLADY100を訪ねて」。

12回目の今回は、結婚6年目なのに旦那様とはとっても仲良し、そして男の子を育児中なのにいつも最高にオシャレでかわいい♡小倉裕子さんに、いつまでも夫婦円満で、かわいい妻&ママでいる秘けつを教えていただきました!



1609mamacan1.jpg

小倉裕子さん:32歳・看護師・1歳の男の子ママ


■ 現在結婚6年目、間もなく結婚記念日を迎える小倉裕子さん。
 
いつもとっても仲良しな旦那様とのなれそめについて教えて下さい!

元々は大学の先輩と後輩でした。私が入学したばかりのころに、陸上部の見学に行ったのですが、そのときに主将をしていたのが彼でした。

結局、入部はせずに会えば挨拶をする程度の関係のまま、何もなく卒業してしまいました。

その後、看護師として就職して2年目に、私の働いている病棟に研修医として回ってきた彼と再会したんです。それがきっかけで、仕事のあとに食事に行くようになり、お付き合いがスタートしました。

実は、出会ってからお付き合いまで間があいたものの、陸上部で初めて彼を見たときから「この人とはいつか何かあるかも...」ってインスピレーションを感じていたんです!

後から聞いた話では、「かわいらしい子だな」とは彼も思ってくれていたみたいですが、当時は何もなかったので、そのときはまだタイミングじゃなかったんでしょうね。けれどこうして再会・結婚できたということは、やっぱりあのときのピンときた感覚に間違いはなかったのだと思います。


1609mamacan2_main.jpg


プロポーズは交際2周年記念日のディナーでした。食後のデザートに「Will you marry me?」のメッセージが書いてあったんです。一緒にプロポーズの言葉と手紙、指輪も用意してくれていて...私は早く結婚したいな...という気持ちだったのですが、彼はまだまだ考えていないと思っていたので、本当にただただ驚いて、号泣してしまいました。

それから1年かけて準備をして、2011年10月8日「永遠の日」に結婚式をあげました。



■ ロマンティックで素敵ですね!旦那様が医師で、小倉さんも病棟看護師として働かれていたそうですが、当時はかなりお忙しかったのでは?

そうですね、卒業した大学の附属病院の外科病棟で働いていて、日勤・夜勤の2交代で不規則でバタバタとした生活でした。

結婚後も2年ほど続けていたのですが、当直のある彼と、夜勤の多い私の生活がすれ違ってしまって。私が寝ている間に彼が帰宅して、彼が寝ている間に私が家を出る、なんてタイミングが続いたり、一緒に暮らしているのに丸3日も会えなかったりしたこともありました。

それに、せっかく結婚したのに仕事で疲れはてるばかりで家のことが思うようにできなくて。悩んだ結果、転職することを決めました。けれど、忙しい中でも病棟ではリーダーを任せてもらったり、学生実習の指導を担当したり、経験を重ねるたびに新しい学びのある、本当にやりがいのあるお仕事でした。


1609mamacan3.jpg


1609mamacan4.jpg


看護師を退職した後は、もともと憧れのあった養護教諭(保健室の先生)として働きはじめました。仕事の内容は異なりますが、看護師としての経験を活かすこともできましたし、生徒たちはみんなかわいくて、とても楽しかったです。一緒に働いていた上司も素敵な方で、また学校全体の健康管理を担っているという責任を感じることもあり、以前とは違ったやりがいも見つけられました。

やっと家のこともしっかりできるようになり、夫婦の時間を楽しめるようにもなったのですが、不思議なもので、ときどき忙しく動きまわっていた病棟時代が少し恋しくなることもありましたねぇ...

養護教諭のお仕事はできればずっと続けていきたいと思っていたのですが、働いて1年が過ぎたころに、夫婦で楽しみにしていた妊娠が判明したんです。悪阻と戦いながらの通勤や仕事は予想以上に大変で...妊娠の経過との兼ねあいもあり、ご迷惑をかけないタイミングで退職することを決めました。

少し寂しい気持ちはあったけれど、産後も息子とゆっくり過ごす時間がとれてよかったと思っています。


1609mamacan5.jpg


■ 世間では出産を機に、夫婦の関係が悪化する「産後クライシス」なんて言葉もあるようですが、小倉さんご夫妻はどうでしたか?

無縁です(笑)出産も、夫婦の希望で立ちあい出産にしたのですが、入院してから赤ちゃんが産まれるまでの24時間、ずっと一緒にいてくれたのがすごく心強かったんです。お産を早めるために一緒に運動したり、陣痛が苦しい時には体をさすってくれたり。赤ちゃんのへその緒を彼に切ってもらったのも素敵な思い出です。

実際に育児が始まってからは、私は以前のように彼のことを気にかけられなくなってしまって。家事がおろそかになってしまったり、イライラして彼に当たってしまったり反省することがいっぱいあります...

けれど彼はずっと変わらず優しくて、「さっきイライラしていたのは本心じゃないよ、ごめんね」と謝ると「わかってるよ」と笑顔で受けいれてくれて...その心の広さには本当に感謝しています。私が逆の立場ならケンカになっちゃいそう(笑)


1609mamacan6.jpg


あと、「洗濯してくれてありがとう」だとか「今日もご飯美味しいね」だとか、いまだに言ってくれるんです! これって、結婚して何年もたつと当たり前に思ってしまう男性も多いと思うのですが、言葉に出してきちんと感謝の気持ちを伝えてくれるのはとてもうれしいです。



■ とっても素敵な旦那様ですね...小倉さんも妻として、夫婦関係を円満に保つために意識していることはありますか?


お互いを思いやる気持ちを忘れないようにしようと心がけています。

私は家事と育児、彼はお仕事でお互いに忙しくて、自分の時間もなかなか持てないので、一歩間違えばどんどん二人のあいだに亀裂ができていきかねないと思うんです。

そういう中で、「私はこんなにやっているのに!」ではなくて、「お互い頑張ったね、今日もありがとう」って言いあえる関係でいたいと思っています。シンプルだけれど、余裕がない中では難しいことなので...これからも意識して大切にしていきたいです。


1609mamacan7.jpg



■ その心がけ、見習いたいです! 
小倉さんと言えば、とてもママには見えないかわいらしいファッションもとっても素敵ですよね。何か意識していることはありますか?

出産前はApuweiser-richeやLAISSE PASSEを溺愛していました。ふんわりAラインに、ワンピース、リボンモチーフに、ビジューが大好き。シューズは7cmヒールがマストでしたが、育児中の今はどれもちょっと難しいんですよね...(涙)

けれど、女性らしいピンク色を取りいれたり、ビジューなどがない代わりに袖や首元のデザインがフェミニンな雰囲気で凝っているもの、たとえばレースやフリル風のデザインなどを選ぶようにしたりしています。


1609mamacan8.jpg


元気いっぱいの息子を追いかけたり、立ったりしゃがんだりと動きまわることが多いので、パンツスタイルも増えましたが、スカートに見えるシルエットのガウチョパンツやワイドパンツを探したり、トップスをガーリーにしたり、という工夫はしています。

足元も、普段は走れるスニーカーが基本ですが、カジュアルになりすぎないように幅が細く、スエードやレザーなどが入った高級感のあるものをチョイスするうようにしています。黒系のスニーカーは比較的エレガントに見えるのでおすすめです!

パンツ+スニーカーだとスタイルが悪く見えるなぁ...と気になることもあるのですが、トップスの丈が変わるだけで印象が全然違うので。必ず全身を鏡で見てバランスをチェックしています。


1609mamacan9.jpg


息子と一緒だとなかなかお洋服を見に行けないので、お買い物はネットショッピングがメインです。主に、汚れても気にならないプチプラブランドを愛用しています。最近ではfifthやUNIQLO、GUが多いです。

買う前に、欲しい商品を着ているオシャレなブロガーさんやインスタグラマーさんを探して、サイズ感をチェックします。プチプラだから...と言って妥協はせずに、サイズや素材のイメージが違ったときは申し訳ないですが返品させてもらって、納得のいくものだけを着るように心がけています。



■ ヘアスタイルやメイクについてはどうでしょう?
 美しいロングヘアを保っているなんて、本当に素晴らしいです!

いえいえ、ロングヘアをキープしているのはくせ毛だからなんです...安座間美優ちゃんのようなボブにも憧れるのですが、ロングの方が楽ちんで...

髪色はブラウンですが、以前とくらべるとトーンダウンさせています。年齢よりも幼く見られることが多いので、ギャルママって思われないように(笑)落ち着いた雰囲気を出せように、意識しています。

ヘアサロンはLIBERTY-H(リバティエイチ)で、スタイリストさんは坂東真央さんです。大人かわいい雰囲気がとっても上手で、何度もリピートしています。普段はアップスタイルにすることも多いので、カフポニーやバナナクリップを集めるのも楽しいです。


1609mamacan10.jpg


メイクは息子の肌に触れることも考えて、安全なものに目が行くようになりました。ファンデーションは使わずに、ettusais(エテュセ)のBBミネラルクリームと、皮膚科医推奨のLA ROCHE-POSAY(ラロッシュポゼ)のUVイデアXLプロテクションBBをそのときの気分で使いわけています。

紫外線を浴びる機会が増えたので、メイクはサラッとでも、UVケアはしっかりと。サングラスや帽子に、美白ケアは資生堂のHAKU シリーズを愛用しています。



■ なるほど...! ファッションはもちろん、いつも笑顔で本当に素敵なママだなぁと尊敬してしまいます...何か育児をする上でのモットーはありますか ?

とんでもないです!第一子なので私も息子もはじめてのことばかり。うまくいかないこともたくさんあります。

特に赤ちゃんのころには、全く寝てくれずに一晩中泣いている息子を抱っこしたまま家中をうろうろ歩いて夜が明けてしまうこともしょっちゅうでした。2~3日続くと本当に寝不足が辛くて...彼も仕事が忙しいので夜ひとりで育児をしていると孤独を感じて涙が出ることもありました...

それでも、私の育児は「Enjoy!!」がモットー。「うまく行かないことがあっても、何でも楽しみたい! という気持ちで挑んでいます。それにちょっとくらい辛いことがあっても、息子の成長を見ているとそれを超える幸せと充足感で溢れています。

彼も普段なかなか関われないぶん、まめに感謝の言葉を伝えてくれるので、一緒にいられなくても、ふたりで育児をしているんだ、という気持ちになれます。お休みの日には自分の時間よりも家族の時間を優先してくれるのもうれしいです。


1609mamacan11.jpg


いつも彼とは「この人大切に育てられたんだな、って感じる人っているじゃん、そういう人になってくれたらいいね。」って話しをしています。1日中一緒にいても、この時期の記憶って残らなくて、子どもは忘れちゃう。だけど、きっと「感じて」くれているはず。

私たち親だけでなく、たくさんの人から愛情をいっぱい注がれて豊かな人間になってほしいです。

以前、教育関係の仕事についている親友に「ママの幸せが子どもの幸せ」という言葉をもらって、すごく心を動かされました。常に一緒にいる私の影響はとても大きいと思うので、私も毎日笑顔で楽しく過ごせるよう、ハッピーな女性でいたいです!


1609mamacan12.jpg



■ 現在は育児中心の毎日かと思いますが、ご自身の今後の目標があれば教えて下さい!

最近、看護師の資格をいかして自宅でできる仕事をはじめました。息子が寝ている間にできる程度ではあるのですが、自分の知識や経験を発信するだけでなく、新しいことも勉強できるのがとても楽しいです。

私のことを「看護師」として必要としてくれている人もいるかもしれないけれど、「母」として「妻」として、そして「ひとりの人間として」必要としてくれる家族が、いまは最優先だという気持ちが素直な本音なんです。けれど、いつかはまた医療の現場で働きたいという思いはあるので、その目標に向かって自分磨きも怠らずにいたいです。


1609mamacan13.jpg



■今日はどうもありがとうございました!

AneLADY100 宮森渚朝



【関連情報】
AneLADY100



【AneLADY100を訪ねて - バックナンバー】
【vol.11】毎日終電帰りのお仕事ウーマンから専業主婦に転身したママの話

【vol.10】マイナス27℃での実況中継に挑んだテレビキャスターの育児と私生活


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した動画 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。