1. トップページ
  2. AneCanニュース
  3. AneCanモデル直伝!旅行上手になる6つのコツ

AneCan編集部から最新トピックスをお届け!

AneCanニュース

【AneCan本誌】 2016:08:06:09:00:19
  • AneCan本誌
  • ビューティ
  • ファッション
  • モデル
  • ライフスタイル
  • 大石参月
  • 安座間美優
  • 押切もえ
  • 有村実樹
  • 森 絵里香
  • 葛岡 碧
Check



8月になり、いよいよ夏本番!皆さんは、どこか旅行には行かれますか?


夏の旅行をもっと自分らしく過ごせて、非日常を楽しむために。
旅慣れたAneCanモデルたちから、私服コーデやポーチの中身など、旅のテクニックを教えてもらいました♪



------------------
■ 葛岡 碧は、荷物多めな分、
 小物収納がお上手♪
------------------

1608model-midori.jpg

「年に数回、旦那さんと旅行へ。シーンに合わせた服を選びたいから、服や靴は着回さず、日数分持っていきます。そのぶん荷物が多くなるので、トランクは45Lの『リモワ』を愛用。服はシワになりにくい素材を選び、収納にもこだわります」

という碧は、とことん収納を活用しているそう。
衣類の収納グッズを見せてもらいました。


1608model-travel01.jpg
素材が傷まないように服も下着もポーチに小分け

「持っていく衣類が多くかさばるため、素材が傷まないように、着るものはそれぞれポーチに入れて仕分けています。どこに何が入っているかも一目瞭然なので、すぐに取り出せて便利」


------------------

■ 森 絵里香のホテルで楽しむ
 夜のリラックスタイム
------------------


1608model-erika.jpg

「忙しく観光するより、ホテルのプールやライブラリーでゆったり過ごしたい」という絵里香。
滞在先でも心地よい環境をつくり、自分らしく過ごすための旅のは部屋着。


1608model-travel02.jpg

「誰かに見せるわけではないけど、部屋の中でも女らしくいたい...。そう思うようになってから、夜はナイティ派 になりました。『SALON by PJ』のナイティは、サテンやシフォンのとろけるような肌触りと上品なレース使いが好きで、普段から愛用しています」


------------------
■ 有村実樹の1500円以下の
 プチプラ旅メークアイテム
------------------

1608model-miki.jpg

「夏の旅には、日焼け対策用のUVカット効果や、汗・水でメークがくずれるのを防ぐウォータープルーフ効果のあるアイテムを中心に持っていきます。
リゾートではこまめにメーク直しがでずいので、ベースメークは薄づきを意識。ベーシックアイテム以外には、ポイントメーク用のカラーアイテムも持参。思いきった色で遊べるのも、旅の醍醐味ですから♪」

と、プロ顔負けのこだわりを披露してくれた実樹。そんな彼女が選んでくれたプチプラアイテムはこちらの3つ。

【ラウン系アイブロウパウダー】
→ コーセー ヴィセ リシェ カラーリング アイブロウパウダー BR-3 ¥1,200
「オリーブブラウン×カーキの4色をMIXして、夏の明るい髪色に合う、抜け感のある眉を描きます。パウダーなのにピタッと密着するから、ふんわりナチュラルな仕上がりを長時間キープ」

【ティントリップ】
→ 井田ラボラトリーズ キャンメイクリップ ティントシロップ 04 ¥650
「顔色を明るく見せるイエロー系レッド。ひと塗りで、血色感のある (C) ジューシーな唇に♡ 時間が経つにつれて唇に色が定着するから、食事をしてもしっかり色が残ります。UVカット効果もアリ」

【黒ウォータープルーフマスカラ】
→ 伊勢半 ヒロインメイク ボリューム&カールマスカラ スーパーWP ¥1,000
「塗った瞬間にサッと乾いて、カールを強力キープ!濃密ふさふさのロングまつげになれる、ロングエクステファイバー入り。スーパーウォータープルーフだから、汗・水・皮脂にもにじみません」


------------------
■ 大石参月は小物使いで
 バカンス服を楽しむ!
------------------

1608model-mitsuki.jpg


ハワイ、プーケット、モルディブ、バリ島etc....。毎年訪れている南国を満喫するための、小物を効かせた参月流リゾートファッションと、テンションが上がるビーチ小物使いを見せてもらいました。


1608model-travel04.jpg

「南の島では、やっぱり夏らしいターコイズやブルー系のアクセを身につけることが多いですね。
ごってりしたより華奢なデザインが好きなので、ビーズや色石を使ったアクセを多めに持っていきます。
そこにシルバーアクセをプラスして、軽さを出すのがお気に入りの組み合わせです」


------------------
■ 安座間美優は賢くスマートに
 精鋭旅グッズで乗り切る!
------------------

1608model-mew.jpg

「AneCanの取材企画で、毎月全国を飛び回ってきた私。
1泊2日のロケを重ねて気づいたのは、『旅は身軽がいちがん』だということ荷物が多いとそれだけで疲れちゃうし、行動範囲や選択肢も狭まってもったいないでしょ。
服もコスメも必要最低限あれば充分。あとは、両手が空く大きめのバッグがあれば完璧です♪」

そんなAneCanモデル屈指の旅のエキスパートみゅうが教えてくれたのは、旅に欠かせないグッズたち。


1608model-travel04a.jpg
【医療用着圧ソックス】
「脚のむくみはその日のうちにしっかり取らなきゃ!
市販のものより効果が高く、自宅でも愛用しています」

1608model-travel04b.jpg
【素焼きアーモンド】
「旅先では食事を存分に楽しみたいから、間食は絶対NG。
小腹が空いたら、コレで気を紛らわします(笑)」

1608model-travel04c.jpg
【エコバッグ】
「お土産でよく買うのは、ご当地のおいしいお酒。
瓶が割れないように、エコバッグに入れて持ち帰ります」


------------------
■ 押切もえの旅の着回しは
 これでバッチリ♪
------------------

1608model-header.jpg

動きやすさ重視だけれど、自分らしくそして、何よりT.P.O.に合った服を必要最小限、連れてゆきます」というもえは、服は数枚を持って着た服はその日のうちに丸洗いしているそう。
便利なランドリーグッズを教えてくれました。


1608model-travel05.jpg

左:デリケート服用洗剤(トッカ)
右:ファブリック&エアミスト(アディ)

「洋服はその日のうちにトッカ手洗いしているので、いつもトッカのデリケート服用の洗剤を持っていきます。
洗えない服や帽子には、ミニサイズのファブリック用消臭&除菌スプレーを使って清潔に。
エアミストとしても使えるので、ホテルの部屋でシュッシュとふりかけて、フルーティな香りを楽しむこともあります」


モデルたちの夏旅のコツを参考にすれば、いつもよりちょっと通(ツウ)な旅の楽しみ方ができますね。

AneCan9月号(2016年8月6日発売)では、他にもAneCanモデルたちの私服コーデや夏旅のメイクのコツなどをご紹介♪

ぜひこのテクニックで、充実した夏旅をお過ごしください!


【関連情報】
・AneCan9月号(2016年8月6日発売)
 試し読み 電子版 雑誌







1608model-header.jpg


Check

anecantvさん(@anecantv)が投稿した写真 -

Shogakukan Recommend



ページのトップへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。